ホーム | コラム | 大耳小耳 | 東西南北

東西南北

 9月30日、サンパウロ大都市圏では昼間に強い雨が降った。この雨により、サンパウロ市では6カ所で土砂崩れ、28カ所で冠水が起きるなどの被害が出た。この雨により、主要水系には大量の雨がもたらされ、グアラピランガの53・4ミリを筆頭に、カンタレイラが36・2ミリ、アウト・チエテが24・2ミリを記録。雨季に入りはじめる10月は水不足が噂されていた中、滑り出しの良い降りにはなった。だが、今回雨をもたらしている雨雲は勢力が強いのか、リオ・グランデ・ド・スル州では豪雨で停電を記録しているところも出ているという。サンパウロ州でも向こう数日は天気が不安定のようだが、ひどくなりすぎない程度に降ってほしいものだ。
     ◎
 9月30日に行われたサッカーの全国選手権。首位サンパウロは敵地リオでのボタフォゴ戦で痛恨の2―2の引き分け。勝ち点1しか記録できなかった。一方、パルメイラスは本拠地アリアンツ・パルケでのクルゼイロ戦を3―1で快勝し、逆転で首位に立った。また、この日はインテルナシオナルもヴィットーリアに2―1で勝ったために、サンパウロを抜いて2位になった。同選手権の緊迫した戦いはしばらく続きそうだ。
     ◎
 9月28日、サンパウロ市セントロのパリ区にあるビルが焼け、崩壊した。出火したのは同日の19時頃だったという。崩壊そのものはそれから5時間後くらいに起こった。完全に消火したのは翌朝の5時だったという。火災時には人はいなかったが、消防隊の2人が火傷などで負傷した。同ビルは商用ビルで、中国から輸入した品物などを売っていたという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2020年6月20日 大耳小耳  徐々に自粛解除となり、今までは営業できなかった店も開店しはじめた。飲食店は未だ持ち帰りや宅配のみ。夜になるとバールなどは店内に入れないようになっているが、店先で肩を並べて数人でわいわい「立ち呑み」しているのを見かけるようになった。外とはいえ、飲み食いの際はマスクを外さねばなら […]
  • 大耳小耳2020年6月17日 大耳小耳      ◎  クアレンテナが段階的に解除となり、限られた時間ながらも様々な店が営業を再開しだした。先日の土曜にはメトロのサウージ駅近くを車で通ったところ、店内が混雑しないようにするためか、出入り口での手消毒のためか、DAISOに客の列が出来ており、隣の店舗前にまで伸びていた […]
  • 大耳小耳2020年4月17日 大耳小耳  日本政府は4月16日、緊急事態宣言の範囲を全国都道府県に拡大した。これまでは、感染への対応を重点的に進める「特定警戒都道府県」として、7都道府県(東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡)を対象にしていた。今回新たに6都道府県(北海道、茨城、石川、岐阜、愛知、京都)も加え、 […]
  • 大耳小耳2020年3月24日 大耳小耳  ブラジル日系熟連クラブ連合会の機関紙『ブラジル老荘の友』553号の俳壇(吉田しのぶ選)には、興味深い句が並んでいた。《ブラジルに慣れしも正月雪恋し》(寺田雪恵)には、その通りと膝を打った。《三つ日坊主と知りつつ求む日記帳》(岩崎ゆりか)にも共感。年末年始に何度も誓って書き始め […]