ホーム | Free | 東西南北

東西南北

 9月30日、サンパウロ大都市圏では昼間に強い雨が降った。この雨により、サンパウロ市では6カ所で土砂崩れ、28カ所で冠水が起きるなどの被害が出た。この雨により、主要水系には大量の雨がもたらされ、グアラピランガの53・4ミリを筆頭に、カンタレイラが36・2ミリ、アウト・チエテが24・2ミリを記録。雨季に入りはじめる10月は水不足が噂されていた中、滑り出しの良い降りにはなった。だが、今回雨をもたらしている雨雲は勢力が強いのか、リオ・グランデ・ド・スル州では豪雨で停電を記録しているところも出ているという。サンパウロ州でも向こう数日は天気が不安定のようだが、ひどくなりすぎない程度に降ってほしいものだ。
     ◎
 9月30日に行われたサッカーの全国選手権。首位サンパウロは敵地リオでのボタフォゴ戦で痛恨の2―2の引き分け。勝ち点1しか記録できなかった。一方、パルメイラスは本拠地アリアンツ・パルケでのクルゼイロ戦を3―1で快勝し、逆転で首位に立った。また、この日はインテルナシオナルもヴィットーリアに2―1で勝ったために、サンパウロを抜いて2位になった。同選手権の緊迫した戦いはしばらく続きそうだ。
     ◎
 9月28日、サンパウロ市セントロのパリ区にあるビルが焼け、崩壊した。出火したのは同日の19時頃だったという。崩壊そのものはそれから5時間後くらいに起こった。完全に消火したのは翌朝の5時だったという。火災時には人はいなかったが、消防隊の2人が火傷などで負傷した。同ビルは商用ビルで、中国から輸入した品物などを売っていたという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2018年10月20日 大耳小耳  正派ブラジル筝の会・生田流正派は昨年、8人の会員で日本の国立劇場で行なわれた唯是震一三回忌追善演奏会に出席し、「酒歌」の演奏に参加したとか。伯国からの参加に、日本の家元も喜んでいたそうだ。「酒歌」は本演奏会でも発表される。また、北原会長が教えた名取3人の生徒は本演奏会初参加だ […]
  • 大耳小耳2018年10月27日 大耳小耳  熟年クラブ連合会が発行する『ブラジル老荘の友』は、タブロイド版4ページだが中身が濃い。炭坑節の替え歌《うちの娘は よその嫁 ヨイヨイ/よその娘がうちの嫁 三千世界を歩いても/死に水とるのはうちの嫁 サノヨイヨイ》も傑作だが、チャチャチャ・バンブーの歌(「おもちゃのチャチャチャ […]
  • 大耳小耳2018年9月29日 大耳小耳  サンパウロ蘭協会(AOSP)の蘭展が、久々に文協に帰ってきていた。ここ数年はエンブー市の広場を会場にしていたとのこと。ところが同協会サイトによれば、この9月21、22、23日に開催された第99回蘭展の会場は、再び聖市文協ビル(駐車場)に戻っていた。1967年2月にアクリマソン […]
  • 大耳小耳2018年9月22日 大耳小耳  日伯文化連盟ピニェイロス文化センターで「日本庭園」についての講演会が22日午後2時半から4時まで行われる。講演者はサルキス・セルジオ・カロウスチャンさん。マッケンジー大学の都市建築科で学んだほか、文部省と亀岡ロータリークラブの制度で京都大学にも留学し、日本の現代建築について研 […]
  • 大耳小耳2018年10月17日 大耳小耳  頭の中が日本式の〃常識〃でいっぱいの駐在員が、ブラジルの考え方や習慣に慣れることは、ビジネス成功には欠かせない。日本にも「郷に入っては郷に従え」という諺があるが、先進国たる日本の〃常識〃が優先されるのは、よくあること。お客様がブラジル人である以上に、社内の日系人やブラジル人社 […]