ホーム | コラム | 樹海 | 新型コロナの抗体は長持ちしない?

新型コロナの抗体は長持ちしない?

政治的な対立にも発展した中国製のワクチンを手に、上院で説明するドリア聖州知事(Governo de São Paulo)

政治的な対立にも発展した中国製のワクチンを手に、上院で説明するサンパウロ州のドリア知事(Governo de São Paulo)

 新型コロナのワクチン購入問題で政治的な対立も起きる中、英国の研究機関二つが新型コロナの抗体の継続期間に関する研究結果を発表した。
 インペリアルカレッジが6~9月に36万5千人を対象に行った調査によると、抗体保有者の割合は6%から4・4%にと26・5%減少。他のコロナウイルス同様、抗体は長持ちしない可能性があるといえる。
 『ネイチャー』誌に出たキングスカレッジの研究では、95%の人は発症から8日以上経つと抗体を持ち始めるが、その量は時間と共に減る。減少の度合いは症状の重さに関係があるともいう。

 無症状者や軽症者は抗体が弱いとの説はかなり前に流れたし、繰り返し感染する人がいる事も知られている。これらの事は、ワクチンが開発されても、インフルエンザのように繰り返し接種する必要が生じる可能性や、一度感染したからと注意を怠れば、再び感染する可能性を示唆する。
 世界保健機関や保健省が感染した人もマスク着用や手洗いなどの継続を求める理由を裏付ける報告が続いた事は、感染した人などは予防接種を受ける必要がないとし、予防接種義務化に反対するボルソナロ大統領の主張への疑問を強める。「なぜワクチン開発を急ぐのか」との大統領発言も、抗体保有者が予防接種反対派をなだめようとした発言と言われそうだ。
 サンパウロ州のジョアン・ドリア知事は義務化宣言時、医師が診断書を出した人などは除くと明言した。専門家が政治的対立は防疫上の対策の遅れを招くと警鐘を鳴らす中、抗体の継続期間への疑問は改めて、犠牲者増加を防ぐために1日も早いワクチン開発・接種をと願う科学者達の背中を押しそうだ。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》大サンパウロ市都市圏で再び外出規制強化=計6地区でレベル降格2021年2月27日 《ブラジル》大サンパウロ市都市圏で再び外出規制強化=計6地区でレベル降格  26日、サンパウロ州政府のコロナ対策である「プラノSP」で外出規制の見直しが行われ、大サンパウロ市圏を含む4地区がオレンジ・レベル(下から2番目)に降格した。26日付現地サイトが報じている。  プラノSPは24日にも、26日から3月14日まで、州内全域で23時から翌朝5時の […]
  • 東西南北2021年2月27日 東西南北  サンパウロ市で3月1日からの予定となっていた、80~84歳を対象としたコロナワクチンの接種が2月27日から行われることになった。ただし、接種を早めて行うのはパカエンブー・スタジアムをはじめとする、市内5カ所に設けられたドライブスルー接種会場のみで、ほかの保健機関では3月1日か […]
  • 《サンパウロ市》60歳以上への接種を認可=残ったワクチン廃棄回避策で2021年2月26日 《サンパウロ市》60歳以上への接種を認可=残ったワクチン廃棄回避策で  保健所(UBS)でのコロナワクチン接種時に容器に残ったワクチンの廃棄を防ぐため、サンパウロ市保健局が60歳以上と医療従事者で事前登録した人への前倒し接種を行う事を認めたところ、好評で長蛇の列ができていると23、25日付現地紙、サイトなどが報じた。  保健局の決定は、優先グル […]
  • 東西南北2021年2月26日 東西南北  2019年に世界ナンバーワン・ゴールキーパーに選ばれた、ブラジル代表レギュラー、アリソン(28、リバプール)と、フルミネンセの正キーパーのムリエル(34)の父親のジョゼ・アゴスチーニョ・ベッケルさん(57)が24日、リオ・グランデ・ド・スル州ラヴラス・ド・スルで溺死した。ベッ […]
  • 静岡文化芸術大学=オンラインで青少年派遣事業=浜松からサンパウロにプレゼン=市の魅力を存分にアピール2021年2月26日 静岡文化芸術大学=オンラインで青少年派遣事業=浜松からサンパウロにプレゼン=市の魅力を存分にアピール  「発表を終えた時のParabéns!の文字は忘れられません」――静岡文化芸術大学(静岡県浜松所在)の2年生でポルトガル語を学ぶ山下夏実さんは、浜松から聖市のジャパン・ハウスに向けてオンライン発表を行った達成感を、そう綴った。2月22日に日本外務省、静岡県庁、ブラジル静 […]