ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》iFoodアプリ=店名が親大統領派用語に改変?=ハッキング被害の可能性

《ブラジル》iFoodアプリ=店名が親大統領派用語に改変?=ハッキング被害の可能性

 出前配達専用アプリ「iFood」が2日夜、ボルソナロ大統領支持者に特徴的な言動にアプリ名を変えられる事態が発生。ハッキング被害であると疑われている。3日付現地紙、サイトが報じている。
 2日、iFoodのアプリに登録されているレストランなどの名前が、「ワクチンは人を殺す」「ペチスタ(労働者党員)は共産主義者」「ボルソナロ2022」「ルーラは泥棒」など、ボルソナロ氏の支持者が日頃から頻繁にする言葉にすりかえられる異常事態が発生した。

 中には2018年3月に殺害された元リオ市会議員マリエレ・フランコ氏を侮辱する内容のものもあった。
 iFood側によると、同社のアプリを利用している店舗の6%ほどがこのような被害にあったという。店舗名などの変更は、登録されたレストランの情報などを書き込めるような許可を受けた従業員のアカウントで行われていたが、同社では、従業員の犯行ではなく、ハッカーによる犯罪行為と見ている。
 iFoodによると、同アプリを利用する消費者に関しては、カード番号その他の情報が漏れるといった被害は起こっていないとしている。

★2021年5月27日《ブラジル》18年大統領選=選挙高裁がハッキング情報開示許可=反ボルソナロ・サイトへの攻撃で
★2019年7月27日《ブラジル》大統領、両院議長もスマホのハッキング被害?=国家中枢が軒並み標的に=脆弱な通信実態が判明=「データは消去」とモロ法相
★2019年6月12日《ブラジル》インターセプトの記事にモロとダラグノルが反論=「ハッキングの犠牲者」と主張=司法と議会の反応冷たく=ボルソナロは無言を貫く

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ地下鉄=2年以内に23キロ拡張?=大統領選睨むアウキミン2017年3月23日 サンパウロ地下鉄=2年以内に23キロ拡張?=大統領選睨むアウキミン  18年の大統領選へのジェラウド・アウキミン・サンパウロ州知事(民主社会党・PSDB)の出馬が噂される中、サンパウロ州政府が、18年末までにサンパウロ市地下鉄で23キロ分の延長工事を完成させると約束した。22日付現地紙が報じている。  州政府が拡張の対象としているのは地下鉄4 […]
  • W杯=観戦客向け宿泊料金低下=リオでは52%も値下がり2014年4月24日 W杯=観戦客向け宿泊料金低下=リオでは52%も値下がり ニッケイ新聞 2014年4月24日  W杯開幕まで50日を切ったが、世界40カ国のホテルの料金を比較するサイト「Trivago」によると、4月に入ってからの試合開催地のホテルの料金は、年頭より軒並み値下がりしているという。 例えば、7月13日に決勝戦が行われるリオデジャネイロ市 […]
  • 土地なし農民が20農場に侵入2009年2月26日 土地なし農民が20農場に侵入 ニッケイ新聞 2009年2月26日付け  サンパウロ州西部で二十二~二十三日、土地なし農民運動(MST)分派でジョゼ・ライニャ・ジュニオル支持者が、二十の農場に侵入。MSTの侵入頻発の同地域には、侵入は二十回目という農場さえある。 […]
  • 小島隆治氏=初七日ミサ2008年6月6日 小島隆治氏=初七日ミサ ニッケイ新聞 2008年6月6日付け  一日に死去した小島隆治氏(サンジョゼ・ドス・カンポス市副市長)の初七日ミサが、七日午後七時から、同市のノクレオ・ド・パルケ・テクノロジコ(Rodovia Presidente Dutra, […]
  • 下院が社保法案可決=COFINS7・6%に増税2003年12月20日 下院が社保法案可決=COFINS7・6%に増税 12月20日(土) […]