ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》大統領、両院議長もスマホのハッキング被害?=国家中枢が軒並み標的に=脆弱な通信実態が判明=「データは消去」とモロ法相

《ブラジル》大統領、両院議長もスマホのハッキング被害?=国家中枢が軒並み標的に=脆弱な通信実態が判明=「データは消去」とモロ法相

ボウソナロ大統領(Antonio Cruz/Ag. Brasil)

 【既報関連】セルジオ・モロ法相とラヴァ・ジャット(LJ)作戦担当検事のデルタン・ダラグノル氏らのスマートフォンをハッキングした容疑で、23日に逮捕されたハッカー4人が、ボウソナロ大統領(社会自由党・PSL)、ロドリゴ・マイア、ダヴィ・アルコルンブレ両院議長(共に民主党・DEM)、ラケル・ドッジ連邦検察庁長官、さらに少なくとも1人の最高裁判事もターゲットとしていたことが分かった。26日付現地各紙が報じている。

 ハッカーたちは、ボウソナロ大統領が通信アプリ、テレグラムを使って行った通信のハッキングに成功したと供述している。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ