ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル 鉱山ダム決壊事故関連》新たな鉱山ダム決壊の恐れで、2市で住民700人が緊急避難

《ブラジル 鉱山ダム決壊事故関連》新たな鉱山ダム決壊の恐れで、2市で住民700人が緊急避難

 ミナス・ジェライス州で7日未明、バロン・ド・コカイス及びイタチアイウスでヴァーレ社所有の鉱滓ダムに決壊の恐れがあるとして警報がなり、両市の市民が緊急避難を行なった。8日付現地サイトが報じている。
 まずミナス州中央地区に属するバロン・ド・コカイスでは、午前1時頃にヴァーレ社所有のゴンゴ・ソーコ鉱山のスウ・スペリオール鉱滓ダムに決壊の恐れがあるとして、ソコーロ、タブレイロ、ピテイラス各地区の住民の合計約500人が避難勧告を出された。
 現在、工夫たちは決壊を防止すべく、「第一緊急処置」なる対策を行ないはじめている。同市によると、その次の段階の「第二緊急処置」まで行うとしている。
 スウ・スペリオール鉱滓ダムは、ヴァーレが先日発表した「撤廃を行ないたい10の鉱滓ダム」のひとつに数えられていた。このダムの建設基準がきわめて旧式のものであり、2015年に決壊したマリアーナ、さらに先月25日に決壊したブルマジーニョと同じ作りであるためだ。
 一方、大ベロ・オリゾンテ都市圏のイタチアイウスでは、200人が州中西部のイタウーナのホテルに緊急避難させられた。
 イタチアイウスの場合は、ミーナ・デ・セーラ・アズール第一鉱滓ダムに決壊の恐れがあるとして、州防災局からの勧告によって行なわれた。
 全国鉱山局(ANM)によると、ミーナ・デ・セーラ・アズール鉱滓ダムの危険度ランクで「B」に位置しており、災害を引き起こす危険度が高いとされていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 文協春の古本市=700人来場、長蛇の列に2018年11月14日 文協春の古本市=700人来場、長蛇の列に  文協図書委員会(川原崎隆一郎委員長)による『春の古本市』が先月21日、文協ビルで開催され、約700人が来場した。  当日は雨天にも関わらず、午前9時の開場前から長蛇の列ができた。今回の来場者数は約700人、売上金額は1万8448レとなった。売上げは全額、文協運営費に […]
  • 《ブラジルサッカー》A代表と五輪代表、計47人一挙発表=W杯南米予選とU23の親善試合2020年3月7日 《ブラジルサッカー》A代表と五輪代表、計47人一挙発表=W杯南米予選とU23の親善試合  ブラジル・サッカー連盟(CBF)は6日、今月のW杯南米予選に出場するA代表、同時期に開催される親善試合に出場する五輪代表の計47選手を発表した。  A代表24人のメンバーは以下の通りだ。<キーパー>エデルソン(マンチェスター・シティ)、ウェーヴェルトン(パルメイ […]
  • 《ブラジル》新型コロナウイルス検査体制を確立中=検査キット配布、トレーニングも開始2020年3月5日 《ブラジル》新型コロナウイルス検査体制を確立中=検査キット配布、トレーニングも開始  リオ市にある、保健省管轄の研究機関、オズワルド・クルス財団(Fiocruz)は4日、各州で新型コロナウイルス(COVID―19)の検査を担当する研究所向けの診断キットの配布を始めた。  ブラジルではこれまで、コロナウイルスへの感染の有無の検査は、Fiocruzと、サンパウロ […]
  • チリ=再び反政府デモが発生=283人が逮捕される2020年3月5日 チリ=再び反政府デモが発生=283人が逮捕される  昨年後半に長期の反政府デモが話題となったチリで、2日から3日未明にデモが起き、283人が逮捕された。4日付現地紙が報じている。  今回のデモは、夏の休暇が終了した後の最初の営業日に、ピニェラ大統領に反抗するためのデモを行おうと計画した市民たちによって呼びかけられたもので、首 […]
  • 《ボタフォゴ》本田圭佑の選手登録が完了=7日のフラメンゴ戦でデビューなるか?2020年3月4日 《ボタフォゴ》本田圭佑の選手登録が完了=7日のフラメンゴ戦でデビューなるか?  元サッカー日本代表MFの本田圭佑の選手登録が完了したと、ブラジルサッカー連盟(CBF)が3日に正式発表した。  これにより、本田のデビューに向けての法的障害はなくなり、デビューの日時はボタフォゴサイドにゆだねられることとなった。  ボタフォゴ首脳陣は、「本田をいつデビュー […]