ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル 鉱山ダム決壊事故関連》新たな鉱山ダム決壊の恐れで、2市で住民700人が緊急避難

《ブラジル 鉱山ダム決壊事故関連》新たな鉱山ダム決壊の恐れで、2市で住民700人が緊急避難

 ミナス・ジェライス州で7日未明、バロン・ド・コカイス及びイタチアイウスでヴァーレ社所有の鉱滓ダムに決壊の恐れがあるとして警報がなり、両市の市民が緊急避難を行なった。8日付現地サイトが報じている。
 まずミナス州中央地区に属するバロン・ド・コカイスでは、午前1時頃にヴァーレ社所有のゴンゴ・ソーコ鉱山のスウ・スペリオール鉱滓ダムに決壊の恐れがあるとして、ソコーロ、タブレイロ、ピテイラス各地区の住民の合計約500人が避難勧告を出された。
 現在、工夫たちは決壊を防止すべく、「第一緊急処置」なる対策を行ないはじめている。同市によると、その次の段階の「第二緊急処置」まで行うとしている。
 スウ・スペリオール鉱滓ダムは、ヴァーレが先日発表した「撤廃を行ないたい10の鉱滓ダム」のひとつに数えられていた。このダムの建設基準がきわめて旧式のものであり、2015年に決壊したマリアーナ、さらに先月25日に決壊したブルマジーニョと同じ作りであるためだ。
 一方、大ベロ・オリゾンテ都市圏のイタチアイウスでは、200人が州中西部のイタウーナのホテルに緊急避難させられた。
 イタチアイウスの場合は、ミーナ・デ・セーラ・アズール第一鉱滓ダムに決壊の恐れがあるとして、州防災局からの勧告によって行なわれた。
 全国鉱山局(ANM)によると、ミーナ・デ・セーラ・アズール鉱滓ダムの危険度ランクで「B」に位置しており、災害を引き起こす危険度が高いとされていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 修養団=講習会を6都市で開催=青少年ら1500人参加2019年1月12日 修養団=講習会を6都市で開催=青少年ら1500人参加  ブラジル修養団連合会(桜井仁会長)は、日本から青年部担当の青木富造常任理事を招聘し、聖、パラナ州6都市を巡り少年少女講習会を実施している。  「愛と汗」の精神を通じて社会教育を行うことを目的として団体で、当地では1971年に創立した。日本から30年近くに及んで講師が […]
  • サンパウロ州=サソリの被害拡大傾向に=1カ月に2度出現した産院も2019年1月11日 サンパウロ州=サソリの被害拡大傾向に=1カ月に2度出現した産院も  サンパウロ州では近年、サソリによる被害を頻繁に耳にするが、サソリによる被害は全国的に拡大傾向にあり、毎年100人以上の死者も出ている。  12月17日付BBCニュースによると、2010年に報告されたブラジルでのサソリによる被害は5万2509件だが、2017年は138 […]
  • 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボウソナロ2019年1月7日 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボウソナロ  「なぜ、そんな兆しさえなかったブラジルで、極右政権が誕生したのか」と問われたとしたら、「ルサンチマン(積もり積もった怨念)」と「ブラジル選挙の29年のジンクス」の2つが起こした〃時代的な化学反応〃を理由にあげる。この二つの事象は、いかにして窓際下院議員、陸軍予備役少佐 […]
  • 《ブラジル》ピアウイ州=国立公園内に自然博物館開館=先史時代の化石から現代の植生まで2018年12月20日 《ブラジル》ピアウイ州=国立公園内に自然博物館開館=先史時代の化石から現代の植生まで  ブラジル北東部のピアウイ州南部、コロネル・ジョゼ・ジアス市で18日、先史時代以降の同地域の発展などについて知る事が出来る、自然博物館がオープンした。  セーラ・ダ・カピヴァラ国立公園内に出来た博物館は、1万年前に同地域に生えていた植物やその当時生息していた大型動物の […]
  • 《ブラジル》土地巡る諸問題に新審議会=先住民保護区の採掘正当化?2018年12月20日 《ブラジル》土地巡る諸問題に新審議会=先住民保護区の採掘正当化?  テレーザ・クリスチーナ次期農相が18日、先住民保護区制定など、土地を巡る問題を取り扱うための土地問題特別審議会を設置する意向を明らかにしたと19日付エスタード紙が報じた。  次期農相によると、新たな審議会は、農務、国防、人権の各省と大統領府安全保障室を統合して創設さ […]