ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル 鉱山ダム決壊事故関連》新たな鉱山ダム決壊の恐れで、2市で住民700人が緊急避難

《ブラジル 鉱山ダム決壊事故関連》新たな鉱山ダム決壊の恐れで、2市で住民700人が緊急避難

 ミナス・ジェライス州で7日未明、バロン・ド・コカイス及びイタチアイウスでヴァーレ社所有の鉱滓ダムに決壊の恐れがあるとして警報がなり、両市の市民が緊急避難を行なった。8日付現地サイトが報じている。
 まずミナス州中央地区に属するバロン・ド・コカイスでは、午前1時頃にヴァーレ社所有のゴンゴ・ソーコ鉱山のスウ・スペリオール鉱滓ダムに決壊の恐れがあるとして、ソコーロ、タブレイロ、ピテイラス各地区の住民の合計約500人が避難勧告を出された。
 現在、工夫たちは決壊を防止すべく、「第一緊急処置」なる対策を行ないはじめている。同市によると、その次の段階の「第二緊急処置」まで行うとしている。
 スウ・スペリオール鉱滓ダムは、ヴァーレが先日発表した「撤廃を行ないたい10の鉱滓ダム」のひとつに数えられていた。このダムの建設基準がきわめて旧式のものであり、2015年に決壊したマリアーナ、さらに先月25日に決壊したブルマジーニョと同じ作りであるためだ。
 一方、大ベロ・オリゾンテ都市圏のイタチアイウスでは、200人が州中西部のイタウーナのホテルに緊急避難させられた。
 イタチアイウスの場合は、ミーナ・デ・セーラ・アズール第一鉱滓ダムに決壊の恐れがあるとして、州防災局からの勧告によって行なわれた。
 全国鉱山局(ANM)によると、ミーナ・デ・セーラ・アズール鉱滓ダムの危険度ランクで「B」に位置しており、災害を引き起こす危険度が高いとされていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 文協春の古本市=700人来場、長蛇の列に2018年11月14日 文協春の古本市=700人来場、長蛇の列に  文協図書委員会(川原崎隆一郎委員長)による『春の古本市』が先月21日、文協ビルで開催され、約700人が来場した。  当日は雨天にも関わらず、午前9時の開場前から長蛇の列ができた。今回の来場者数は約700人、売上金額は1万8448レとなった。売上げは全額、文協運営費に […]
  • 保健省=豪華客船利用者に予防接種=麻疹の船内罹患が13人で2019年2月22日 保健省=豪華客船利用者に予防接種=麻疹の船内罹患が13人で  保健省は20日、伯国で最大規模の豪華客船「MSCシーヴュー」を利用予定客に対して、サランポ(麻疹)の予防接種を義務付けることを発表した、21日付け現地紙が報じている。  MSCシーヴューは、テレビCMでもおなじみの豪華客船の代表的な存在。だが、ここ最近で計13件ものサランポ […]
  • ネット右翼が「0点」攻撃=世界的映画採点サイトで「マリゲーラ」に=話題のヴァギネル初監督作品2019年2月21日 ネット右翼が「0点」攻撃=世界的映画採点サイトで「マリゲーラ」に=話題のヴァギネル初監督作品  17日まで行なわれたベルリン映画祭に出展したことで、ブラジル映画「マリゲーラ」が話題を呼んだが、軍政時代の左翼ゲリラのリーダーを描いたこの映画を巡り、右翼のブラジル国民が酷評攻勢をかけて、アメリカの大手映画サイトを混乱させる事態に陥った。  この作品は、国際的知名度も高いブ […]
  • 《ブラジル》教育行政の不正を暴いたジャーナリストに訴訟の嵐=報道協会は「市による法的報復」と反発2019年2月20日 《ブラジル》教育行政の不正を暴いたジャーナリストに訴訟の嵐=報道協会は「市による法的報復」と反発  ブラジル人ジャーナリストのウェリントン・マセド氏がセアラー州ソブラル市の市立学校から、精神的苦痛を受けたとして立て続けに59件も告訴されていると16日付地元紙が報じた。  マセド氏は“悪の教育”と題した取材映像を動画配信サイトYouTubeに配信。そこではソブラル市と、その […]
  • リオ=スーパー警備員に殺人罪か=地面に押さえつけ窒息死2019年2月20日 リオ=スーパー警備員に殺人罪か=地面に押さえつけ窒息死  14日にリオで起きたスーパーマーケットの警備員による青年殺害で、警察が殺人罪を適用する可能性があると19日付現地紙が報じている。  14日、リオ市内のバーラ・ダ・チジュッカ区のスーパー「エストラ」で、ペドロ・エンリケ・ゴンザーガさん(19)が、別の警備員の銃を奪おうとしたと […]