ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル 鉱山ダム決壊事故関連》新たな鉱山ダム決壊の恐れで、2市で住民700人が緊急避難

《ブラジル 鉱山ダム決壊事故関連》新たな鉱山ダム決壊の恐れで、2市で住民700人が緊急避難

 ミナス・ジェライス州で7日未明、バロン・ド・コカイス及びイタチアイウスでヴァーレ社所有の鉱滓ダムに決壊の恐れがあるとして警報がなり、両市の市民が緊急避難を行なった。8日付現地サイトが報じている。
 まずミナス州中央地区に属するバロン・ド・コカイスでは、午前1時頃にヴァーレ社所有のゴンゴ・ソーコ鉱山のスウ・スペリオール鉱滓ダムに決壊の恐れがあるとして、ソコーロ、タブレイロ、ピテイラス各地区の住民の合計約500人が避難勧告を出された。
 現在、工夫たちは決壊を防止すべく、「第一緊急処置」なる対策を行ないはじめている。同市によると、その次の段階の「第二緊急処置」まで行うとしている。
 スウ・スペリオール鉱滓ダムは、ヴァーレが先日発表した「撤廃を行ないたい10の鉱滓ダム」のひとつに数えられていた。このダムの建設基準がきわめて旧式のものであり、2015年に決壊したマリアーナ、さらに先月25日に決壊したブルマジーニョと同じ作りであるためだ。
 一方、大ベロ・オリゾンテ都市圏のイタチアイウスでは、200人が州中西部のイタウーナのホテルに緊急避難させられた。
 イタチアイウスの場合は、ミーナ・デ・セーラ・アズール第一鉱滓ダムに決壊の恐れがあるとして、州防災局からの勧告によって行なわれた。
 全国鉱山局(ANM)によると、ミーナ・デ・セーラ・アズール鉱滓ダムの危険度ランクで「B」に位置しており、災害を引き起こす危険度が高いとされていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 文協春の古本市=700人来場、長蛇の列に2018年11月14日 文協春の古本市=700人来場、長蛇の列に  文協図書委員会(川原崎隆一郎委員長)による『春の古本市』が先月21日、文協ビルで開催され、約700人が来場した。  当日は雨天にも関わらず、午前9時の開場前から長蛇の列ができた。今回の来場者数は約700人、売上金額は1万8448レとなった。売上げは全額、文協運営費に […]
  • アンドレ・マトス死去=日本でも愛されたアングラのヴォーカリスト2019年6月11日 アンドレ・マトス死去=日本でも愛されたアングラのヴォーカリスト  ブラジルを代表するヘヴィ・メタル・バンド、アングラのヴォーカリストだったアンドレ・マトスが8日、サンパウロ市内で亡くなったことが発表された。  1971年にサンパウロで生まれたマトスは、10代の頃からへヴィ・メタル・バンドを組んで活動。80年代にはバンド、ヴァイパーのヴォー […]
  • サンパウロ州で黄熱病の予防接種=サンパウロ市では麻疹のキャンペーン2019年6月11日 サンパウロ州で黄熱病の予防接種=サンパウロ市では麻疹のキャンペーン  サンパウロ州とサンパウロ市が10日~7月12日の予定で、予防接種キャンペーンを始めた。双方とも、29日(土)が病気撲滅のためのXデー(ポ語ではDia D)で、保健所も8~17時に開業する。  サンパウロ州のキャンペーンの対象は黄熱病だ。州内の黄熱病の予防接種実施率は71・6 […]
  • サンパウロ市=1日平均62人の教職員が休職=ストレス深刻な教育現場2019年6月11日 サンパウロ市=1日平均62人の教職員が休職=ストレス深刻な教育現場  サンパウロ市では昨年、1日平均62人の教職員が、精神的な問題を理由に休職したと、10日付現地紙が報じている。  これは、情報公開法に基づいてサンパウロ市役所の各部局を対象に行った調査で判明したもので、それによると、教育局絡みでは、ストレスや鬱、不安、パニック障害などの精神的 […]
  • ネイマールの代役は誰に?=ヴィニシウスやルーカス、ドゥドゥ望む国民2019年6月7日 ネイマールの代役は誰に?=ヴィニシウスやルーカス、ドゥドゥ望む国民  5日の親善試合でかねてから痛めていた右足の靭帯を損傷し、コパ・アメリカの出場がなくなったネイマール。5月末からの強姦疑惑騒動もあったため、「本当に出場できるのか」との疑問はかねてから国民の中にもあったが、それが現実のものとなった。今、サッカーファンやメディアの間では、「誰がネ […]