ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル年金改革》政府案、「男は65歳、女は62歳から」と発表=市場も好感、株価2%超アップ

《ブラジル年金改革》政府案、「男は65歳、女は62歳から」と発表=市場も好感、株価2%超アップ

「65/62」発表を行った、ロジェリオ・マリーニョ社会保障・労働特別局長(Rodrigues Pozzebom/Agencia Brasil)

「65/62」発表を行った、ロジェリオ・マリーニョ社会保障・労働特別局長(Rodrigues Pozzebom/Agencia Brasil)

 【既報関連】「年金受給開始年齢は男性が65歳から、女性は62歳から、移行期間は男性が10年、女性は12年」との連邦政府の年金改革案骨子がようやく固まったと、15日付現地各紙が報じた。
 先週パウロ・ゲデス経済相は「男女共に65歳」の私案を発表していた。しかし、発表当時は入院中だったボウソナロ大統領の退院後すぐに調整を行った結果、女性の年金受給開始年齢を3歳下げる事に同意した。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ