ホーム | ブラジル国内ニュース | 保健省=豪華客船利用者に予防接種=麻疹の船内罹患が13人で

保健省=豪華客船利用者に予防接種=麻疹の船内罹患が13人で

 保健省は20日、ブラジルで最大規模の豪華客船「MSCシーヴュー」を利用予定客に対して、サランポ(麻疹)の予防接種を義務付けることを発表した、21日付け現地紙が報じている。
 MSCシーヴューは、テレビCMでもおなじみの豪華客船の代表的な存在。だが、ここ最近で計13件ものサランポの症例が船内で見られたという。罹患した人の国籍は様々だったという。
 これは、風疹に罹っていると思われていた乗組員のひとりが、実際にはサランポに罹患していたことで広がったと見られている。
 この客船は最大で5420人までを収容できる大型のもの。大物歌手のショーを洋上で楽しむなどの企画で有名。つい最近は若手人気歌手のウェズリー・サファドンによる企画も行なわれていた。
 保健省によると、20日にサントス港を出航予定の2つの大型船で、生後6カ月から49歳までの利用客計約1万人に対して、予防接種をほどこしたという。
 また保健省は最近、同客船を利用してサランポの症状が出た場合、すぐに医療機関に向かうよう指示している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》地方のKaikanに込められた日系社会の魂2021年6月15日 《記者コラム》地方のKaikanに込められた日系社会の魂 「コロニア消滅論」を越えて  デカセギブームが始まった90年代から特に「コロニア(日系社会)空洞化論」「コロニアが消滅する」という悲観的な予測が何度も叫ばれ、本紙にも繰り返し掲載されてきた。そんなことを叫ぶ声すらも枯れてきたのが現状だ。  この18日(木)は、ブ […]
  • 《ブラジル》コパ・アメリカが反発の中で開幕=デモ発生、視聴率過去最低2021年6月15日 《ブラジル》コパ・アメリカが反発の中で開幕=デモ発生、視聴率過去最低  国民の大半がコロナ禍を理由に開催を反対する中、ブラジル開催のサッカーのコパ・アメリカが低調にはじまった。14日付現地紙などが報じている。  コロナ第3波が恐れられる中でのブラジルでのコパ・アメリカ開催に、国民は強い反発を示している。11日にXPインヴェスチメントスが […]
  • 《ブラジル》大統領府通信局が偽ニュースサイト支援?=運営者を大手メディア幹部に紹介2021年6月15日 《ブラジル》大統領府通信局が偽ニュースサイト支援?=運営者を大手メディア幹部に紹介  大統領府通信局(SECOM)元局長のファビオ・ワインガルテン氏が、フェイクニュース捜査の対象のブログ運営者に政府協力メディアの存在を明かし、同氏に有利に計らうことを約束した様子が音声データとともに報じられた。13、4日付現地紙が報じている。  これは13日付グローボ紙が独占 […]
  • 安慶名栄子著『篤成』(24)2021年6月15日 安慶名栄子著『篤成』(24)  さて、バナナ栽培に携わっていた農夫たちの人生は、左程負担ばかりの人生でもありませんでした。多くの日本人の家族が地域で一緒に暮らしていましたが、共に働き、皆助け合いの精神で頑張っていました。特に沖縄県人は、現在までそうであるように、集まって歌い踊るのが大好きでした。子供が生まれ […]
  • 安慶名栄子著『篤成』(23)2021年6月15日 安慶名栄子著『篤成』(23)  みつ子は回復するや否や、すぐにジュキアー市の学校に入学しました。友達が一人いましたので、2人して約10キロの道を毎日歩いて学校へ行くようになりました。  その頃すでに13歳になっていた私は、隣に住んでいる人に裁縫の基礎の型紙や布の切り方、ワンピースの縫い方などを教えて頂きま […]