ホーム | 日系社会ニュース | 茨城から大学生2人来伯=南米交流推進青年派遣事業

茨城から大学生2人来伯=南米交流推進青年派遣事業

来社した設樂さん、黒澤会長、安蒜さん(左から)

来社した設樂さん、黒澤会長、安蒜さん(左から)

 茨城県庁が主催する「平成30年度南米交流推進青年派遣事業」により、同県出身の大学生2人が19日から3月5日まで、サンパウロ市に滞在する。昨年第1回目はアルゼンチン派遣で、2回目の今回はブラジルに派遣となった。
 同事業は、若い世代を南米に派遣し、現地の日系人と交流して絆を深め、県民と在南米茨城県人会との交流を活性化することが目的。グローバル人材の育成も行う。
 一行は県人会や移民史料館、ジャパン・ハウス等を訪問。サンパウロ大学の見学や、日本移民が最初に上陸したサントス港も視察する。
 県人会会員との交流では、歓迎会の他にスザノ市やモジ・ダス・クルーゼス市の会員宅でホームステイも。また、アルモニア学園では摸擬授業を行い、日系人の多いコレジオ・エタッパを訪問する予定。
 茨城大学教育学部1年の安蒜(あんびる)ひなたさん(18)は、前回のアルゼンチン派遣にも参加した。小学校教諭になるのが夢で、同事業に参加した理由を「日本人が行く機会が少ない南米で視野を広げ、子供に良い影響を与えられるようにしたい」と話す。
 また、茨城県には日系ブラジル人が多いため、彼らのルーツに対する理解を深めたいと語った。
 設樂美沙季さん(22)は、筑波大学の人文・文化群で日本語・日本文化学類を専攻する4年生。大学で日系人について学び、「日本と別の所で日本にルーツを持っている人がいることに衝撃を受けた」と語る。卒業後は大学院に進学して南米研究を専攻し、1年間ペルーに留学する予定だ。「世界最大規模のブラジル日系社会で、県人会の方との交流や彼らの生活や日本に対する関心を知りたい」と期待を語った。
 黒澤儀人(のりひと)会長は、「二人には日系人との交流を通じて私たちの歴史を学び、将来に役立ててほしい」と希望を述べた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年1月15日 東西南北  13日に行われたリベルタドーレス杯準決勝第2試合で、サントスは本拠地の利をいかんなく発揮し、アルゼンチンの強豪ボカ・ジュニオルズに3―0で圧勝。第1試合が引き分けだったため、これで決勝に進出することが決まった。ボカはチームの功労者で昨年11月に急死したばかりのマラドーナに優勝 […]
  • 汎米日語教師合同研修会開講=南米5カ国12人が3週間=初のオンラインで実施2021年1月8日 汎米日語教師合同研修会開講=南米5カ国12人が3週間=初のオンラインで実施  日本語センター(日下野良武理事長)が5日、「汎米日本語教師合同研修」開講式をオンラインで開催した。ブラジルのほか、アルゼンチン、ペルー、チリ、ボリビアから日本語教師12人が参加し、オンライン上で3週間の研修を行う。  来賓には在聖総領事館の小堤明日香領事、JIC […]
  • 東西南北2021年1月6日 東西南北  サンパウロ市では昨年12月29日も大雨が降ったが、その日以来、行方不明になったままの人がいる。ロザーナ・アウヴェス・ダ・シウヴァ・コレイラさんはこの日、夫のルシオさん(59)の車に同乗し、夫の職場がある南部カンポ・ベロから自宅に向かっていた。だがカルロス・カデイラ・フィーリョ […]
  • 【2021年新年号】東京五輪サッカー=恐るべき新世代の主力選手=ブラジル2連覇、なるか!2021年1月2日 【2021年新年号】東京五輪サッカー=恐るべき新世代の主力選手=ブラジル2連覇、なるか!  あくまで2021年7月までに感染爆発が収まっていた場合の話ではあるが、1年延期になっていた東京オリンピックが開催される。ブラジル的に気になるのはやはりサッカー。前回、2016年のリオ大会では、悲願の金メダル獲得を果たした。東京で2連覇がかかるわけだが、今大会でのセレソ […]
  • 東西南北2020年12月17日 東西南北  サンパウロ州選挙地域裁は15日、大サンパウロ市圏エンブー・ダス・アルテスの市長選で再選したネイ・サントス氏(共和者・RP)と副候補のウゴ・プラード氏(民主運動・MDB)のシャッパの当選を無効にした。これは、労働者党(PT)などをはじめとする左派政党が起こした訴えを裁判所が認め […]