ホーム | ブラジル国内ニュース | マリエーレ事件=連警が市警の捜査妨害疑う=初期の容疑者に再事情聴取

マリエーレ事件=連警が市警の捜査妨害疑う=初期の容疑者に再事情聴取

 リオの連邦警察は21日、マリエーレ・フランコ市議(昨年3月死去)の殺害事件の捜査妨害に関与した件で事情聴取などを行なった。捜査担当の州市警自らが妨害工作に関わっていたのではと昨年11月から内偵していた。22日付現地紙が報じている。
 今回の事情聴取には、元軍警のミリシアで重要証人と目されているロドリゴ・フェレイラ氏や、元民主運動(MDB)所属のリオ州議で州会計検査員を懲戒免職になったばかりのドミンゴス・ブラゾン氏などが含まれている。最初の捜査で彼らは怪しいとされていたが、市警は途中から捜査線上から外していた経緯があった。
 この捜査のキッカケは、2017年から別件で逮捕されている元軍警でミリシアのオルランド・オリヴェイラ・デ・アラウージョ氏が、「リオ市警が殺し屋を雇ってマリエーレを殺した」と証言したことだった。
 それまで連邦警察は、マリエーレ氏殺害は、「オルランド氏とリオ市会議員のマルセロ・シシリアーノ氏の計画である」との仮説を有力視していた。それは「この2人が〝マリエーレ氏との問題を解決する必要がある〟と話しているのをレストランで耳にした」というフェレイラ氏の証言があったためだ。両氏は終始それを否定していた。
 だが、その仮説が浮上した後、オルランド氏が以前に利権を持っていたリオ西部のスポーツ施設がフェレイラ氏の管轄になるなど不審なことが起こったことから、連警がこの仮説を疑うようになっていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ市=元軍警が4発の銃弾受け死亡=過去の事件に絡む粛清か2019年3月9日 サンパウロ市=元軍警が4発の銃弾受け死亡=過去の事件に絡む粛清か  7日午前、サンパウロ市市役所とSPトランスのマーク入りのシールを貼った車で走行中の元軍警が銃弾4発を浴びて死亡する事件が起きた。7日付現地紙が報じている。  亡くなったのはジウソン・テラ氏で、7日午前11時20分頃、サンパウロ市東部サンマテウスを市役所のシールを貼った車で走 […]
  • 《ブラジル》アマゾナス州=H1N1で17人死亡=予防用の薬剤探す人も急増2019年3月8日 《ブラジル》アマゾナス州=H1N1で17人死亡=予防用の薬剤探す人も急増  アマゾナス州では、H1N1ウイルスによるA型インフルエンザが例年より早く流行し、少なくとも17人が死亡。消毒用のアルコールやビタミンC剤など、予防用の薬剤を買い求める人も急増中と6日付G1サイトが報じた。  同州健康監視財団(FVS)によると、同州で確認された重症のインフル […]
  • 欧州で入国拒否のブラジル人急増=18年は17年の6割増し2019年3月8日 欧州で入国拒否のブラジル人急増=18年は17年の6割増し  欧州連合(EU)内の国境管理を行うFrontexが6日、18年にEU諸国への入国を拒否されたブラジル人は4984人で、3086人だった17年より61・5%増えたと発表したと7日付ブラジル国内紙、サイトが報じた。  この数字は、世界で7番目に多い。入国を拒否された人がブラジル […]
  • 《ブラジル》連続する女性殺人未遂事件=夫や元恋人が嫉妬に狂う?2019年3月7日 《ブラジル》連続する女性殺人未遂事件=夫や元恋人が嫉妬に狂う?  エスピリトサント州南部ドーレス・ド・リオ・プレットで4日未明、夫に車で連れ出された36歳の女性が、顔が腫れ上がるほど殴られた後、街道脇に投げ出され、兄弟らによって発見されるという事件が起きた。  5日付G1サイト(6日にも更新済み)によると、ジャーネ・ケルビン氏はミナス州在 […]
  • 27週で出産の妊婦が死亡=夫に腹部を蹴られて緊急手術2019年3月7日 27週で出産の妊婦が死亡=夫に腹部を蹴られて緊急手術  5日未明、リオ州南部のバラ・マンサ市の病院で、妊娠27週の女性が暴行を受けて運び込まれ、緊急手術を受けたが、出産後に死亡する事件が起きた。  死亡したマリア・エジジャーネ・デ・リマさん(35)は、4日午後、膣からの出血を起こした状態で病院に運び込まれた。リマさんの体には、暴 […]