ホーム | Free | 大耳小耳

大耳小耳

 ブラジル日系熟年クラブ連合会(上野美佐雄会長)が発行する『ブラジル老荘の友』2019年2月号には、副会長の中川浩巳さんの「私は今」との体験談が出ていた。なんと3回も命に関わる大病をしたという。1回目は胆石。車をぶつけて胸を打ったのでレントゲンをとったら、偶然胆石を発見したとか。手術で取り出したら、なんと《真っ黒い人差し指の爪の先ほどの石が16個、胆嚢の皮はパンパンで、破裂寸前だった》そう。2回目は健康診断の列を待っていて、幸運にも空きが出て、検査したら胃に7センチの大ポリープが見つかった。3回目は心臓弁膜症。9時間半にも渡る大手術の末、無事に回復。これらの経験から「今を出来る限り大切にして、世のため人のために頑張っていこう」と考えているとのこと。副会長というより、“不死会長 ”の方がいいかも。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年5月1日 大耳小耳  「ブラジル岐阜県人会便り」331号が3月に発行された。久しぶりに山田彦次顧問(前会長)のコラムが掲載されていた。会長時代にはよくコロニア論をぶっていたが、今回は実に軽妙な文章。「団体の長の仁徳や人望とは何か」に関する一文で、「万年会長」と言われた山田さんの心情が吐露された内容 […]
  • 大耳小耳2019年4月26日 大耳小耳  ブラジル日系熟年クラブ連合会の会報『ブラジル老荘の友』3月号を見ていたら、「酉年会を終えて」(浜田照夫)という興味深い一文があった。モジ市の日系別荘の小高い丘にある通称「モジ箱根」の鶏魂碑の話だ。浜田夫妻が移住した当初、養鶏家の焼肉パーティに招待され、鶏肉にかぶりついたが歯が […]
  • 大耳小耳2019年4月25日 大耳小耳  日毎叢書企画出版(前園博子主宰)による『楽書倶楽部』第47号が4月に刊行された。冒頭には、ほんのり初恋のほろ苦さが漂う移民ならではの短編ロマンス「再会」(広川和子)。本紙でもおなじみの毛利律子さんによる「見直したい、美しい日本語(1)」も考えさせられる一文。「ありがとう」は漢 […]
  • 大耳小耳2019年4月18日 大耳小耳  料理、観光等の様々な観点から47都道府県の特徴を紹介する展示会が、ジャパン・ハウス(Avenida Paulista, […]