ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル・州財政》3年間で半数超が悪化=年金支払いが大きなネックに

《ブラジル・州財政》3年間で半数超が悪化=年金支払いが大きなネックに

ひっ迫する州財政改善のため、公務員年金制度の改革は急務だ(参考画像・flickr Yuri_lima)

ひっ迫する州財政改善のため、公務員年金制度の改革は急務だ(参考画像・flickr Yuri_lima)

 2016年にブラジル連邦政府は、各州政府(便宜上、首都ブラジリアがある連邦直轄区も州扱いとする。以下同)を対象に、負債の取立て猶予策を講じたが、全27州中14の州政府が、2015年末から18年末にかけて財政状況が悪化したと、6日付現地紙が報じた。
 州政府の財政状況改善の目的で16年に取られた策は、「2年に及ぶ取立て免除」「分割返済額の小額化」などだ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ