ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ルーラ元大統領=7歳の孫の葬儀に参列=髄膜炎で急死のアルトゥールちゃん

《ブラジル》ルーラ元大統領=7歳の孫の葬儀に参列=髄膜炎で急死のアルトゥールちゃん

 収賄容疑などの罪でパラナ州連邦警察で受刑中のルーラ元大統領が2日、サンパウロ大都市圏のサンベルナルド・ド・カンポ市で行われた孫の葬儀に参列した。2日付現地サイト、3日付現地紙が報じている。
 ルーラ氏の孫で、7歳だったアルトゥールちゃんは、1日に髄膜炎で息を引き取った。
 1月に実兄のヴァヴァー氏が亡くなった際は、司法判断が遅れたために葬儀に参加できなかったルーラ氏だが、今回は1日のうちに連邦地裁が参列許可を出した。
 ルーラ氏は1日に行われた通夜には参加できなかったが、2日は午前中にパラナ州政府の小型機や連警のヘリコプターを乗り継いで葬儀場の近くまで駆けつけた後、連警車両に乗り換え、午前11時過ぎに葬儀場に到着した。
 ルーラ氏は約2時間、葬儀に参列。遺族や友人らによると、ルーラ氏は火葬前、孫の棺の前で「私が無罪であることを証明してみせる」と語ったという。報道陣に対しては何も語らなかった。
 ルーラ氏は12時58分に連警車両で墓地を後にし、コンゴーニャス空港までヘリコプターで送られた後、小型機とヘリコプターを乗り継いで、パラナ州クリチバの連邦警察に戻った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年5月23日 東西南北  第4地域裁が人身保護令適用を却下したため、労働者党(PT)党首やルーラ政権の官房長官も務めたジョゼ・ジルセウ氏が17日に再逮捕されたが、クリチバ近郊の刑務所での同室者が、前下院議長のエドゥアルド・クーニャ氏であることがわかった。一方はメンサロン事件の主犯として実刑判決を受け、 […]
  • 【世界救世教ブラジル宣教本部竣工50周年】歴史=本部竣工から50年で180万人=青年布教団が拡大の転換点に2019年6月5日 【世界救世教ブラジル宣教本部竣工50周年】歴史=本部竣工から50年で180万人=青年布教団が拡大の転換点に ▼第一歩は中村嘉寿衆議  ブラジルの地を踏んだ最初の救世教信徒は、中村嘉寿(かじゅう)衆議院議員だったという記録がある。中村衆議は、終戦後に日本移民を再開すべく、日本政府から伯国へ派遣された内の一人だった。  また1954年には、全世界へ布教の準備を進める岡田茂吉師 […]
  • 各地の在外公館で祝賀記帳=新天皇陛下ご即位を祝す2019年4月27日 各地の在外公館で祝賀記帳=新天皇陛下ご即位を祝す  5月1日に新天皇陛下がご即位することを祝し、在サンパウロ日本国総領事館(野口泰総領事)では5月7日(火)、8日(水)、9日(木)の3日間にわたって「新天皇陛下御即位に係る祝賀記帳」を受付ける。場所は同館(Avenida Paulista, […]
  • リオ五輪の記念硬貨販売中=純金製10レアル貨は1180レアルで販売2015年11月5日 リオ五輪の記念硬貨販売中=純金製10レアル貨は1180レアルで販売  リオ五輪開催を記念する記念硬貨がネット上とブラジル銀行の支店で販売されている。発行されている記念硬貨は、10レアル金貨3種、5レアル銀貨12種、1レアル貨12種の27種だ。 10レアル金貨3種は純金製で、1180レアルで販売されている。片面は3種ともキリスト像で、反対側には各 […]
  • リオ五輪=最も観られたのは開会式=種目別ではやはりサッカー2016年8月27日 リオ五輪=最も観られたのは開会式=種目別ではやはりサッカー  ブラジル世論調査・統計機関(Ibope)によると、ブラジル人がリオ五輪期間中のテレビ放映で最も観たイベントは開会式で、種目別ではサッカーだった。  調査対象となったのは、サンパウロ、リオ・デ・ジャネイロ、ベロ・オリゾンテ、ポルト・アレグレ、クリチバ、サルバドール、レシフ […]