ホーム | ブラジル国内ニュース | 欧州で入国拒否のブラジル人急増=18年は17年の6割増し

欧州で入国拒否のブラジル人急増=18年は17年の6割増し

 欧州連合(EU)内の国境管理を行うFrontexが6日、18年にEU諸国への入国を拒否されたブラジル人は4984人で、3086人だった17年より61・5%増えたと発表したと7日付ブラジル国内紙、サイトが報じた。
 この数字は、世界で7番目に多い。入国を拒否された人がブラジルより多かった国と人数は、ウクライナ5万7593人、ロシア2万5953人、アルバニア2万4546人、ベラルース7953人、セルビア7662人、モルドバ6368人だ。
 18年は、世界中で19万930人がEU諸国への入国を拒否された。ただし、全体としての入国拒否は4%増だったというから、ブラジル人の急増ぶりはダントツだ。
 Frontexによると、ブラジル人が入国を拒否された主な理由は、有効なビザや定住許可を持っていない事と、旅行の正当性や定住条件を満たしている事を証明できる書類の不備だったという。
 18年にEU諸国で拘束された不法移民の数は、前年より23%減った。この傾向は中東諸国からの不法移民が減った事が原因だが、ギリシャやスペインへの不法移民は減っていないという。
 両国以外で不法移民の数が減っていないのは、ラテンアメリカ諸国から飛行機で来る不法移民が多いポルトガルだ。同国に到着した不法移民が最も多いのはブラジルで、その数は17年の2倍に膨れ上がっていた。旅行者として入国したまま、不法滞在となるケースも増えているという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ州スザノ市=17歳少年正式に収容へ=学校襲撃計画立案に関与?2019年5月9日 サンパウロ州スザノ市=17歳少年正式に収容へ=学校襲撃計画立案に関与?  サンパウロ州スザノ市で3月13日に発生した州立校襲撃事件に関し、計画立案に参加した疑いで少年院に一時収容されていた17歳の少年に、正式な収容命令が出ていた事が明らかになったと8日付現地紙が報じた。  学校襲撃事件は、17歳のG.T.M.と25歳のルイス・エンリケ・デ・カスト […]
  • サッカー=ユニフォームの協賛スポンサーの歴史=各時代ごとに目だっていた企業は?2019年5月8日 サッカー=ユニフォームの協賛スポンサーの歴史=各時代ごとに目だっていた企業は?  サッカーのプロのクラブチームのユニフォームに企業名やロゴが入るのは、今や世界のサッカー界にとってはかなり常識になっている。だが、その協賛企業に、その時代時代のトレンドがあることを、5日付フォーリャ紙が、ブラジルのチームの例を示し、時代ごとに説明している。  ブラジルでサッカ […]
  • 《ブラジル》トルコでのテロ容疑者釈放=トルコ政府の迫害の可能性も2019年5月9日 《ブラジル》トルコでのテロ容疑者釈放=トルコ政府の迫害の可能性も  エジソン・ファキン最高裁判事は7日、トルコでのクーデーター計画に関わっていたとの疑いで4月6日から拘留されていた、帰化トルコ人のアリ・シパヒ氏(レストラン経営者)の予備拘留処分を解いたと、8日付ブラジル各紙が報じた。  シパヒ氏は、2007年からブラジルに居住しており、20 […]
  • サンパウロ州=州内の大半の市で暴力犯罪減=ベストとワーストの市は?2019年5月7日 サンパウロ州=州内の大半の市で暴力犯罪減=ベストとワーストの市は?  サンパウロ州内の暴力犯罪が、州内の人口5万人以上の市全体の57%で減少を記録したと、6日付エスタード紙が報じている。  ソウ・ダ・パス研究所が行った調査によると、2018年は、暴力犯罪に遭う可能性を示す、暴力犯罪に対する暴露指数(IECV)が、人口5万人以上の139市中、5 […]
  • ポルトガル=ブラジル人学生が大学内での差別行為に対抗=「石を投げろ」に花をもって対抗2019年5月7日 ポルトガル=ブラジル人学生が大学内での差別行為に対抗=「石を投げろ」に花をもって対抗  ポルトガルの大学で起きた、ブラジル人留学生に対する外国人差別行為に対し、差別を受けたブラジル人学生たちが極めて平和的な方法で抗議運動を行い、話題を呼んでいる。  ポルトガルの名門リスボン大学法学部では、4月29日に石の入った木箱が置かれた。その木箱には、「(ポルトガル人学生 […]