ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サッカー》6月にコパ・アメリカ開催=セレソンの初戦はベネズエラと

《サッカー》6月にコパ・アメリカ開催=セレソンの初戦はベネズエラと

2019年7月7日、決勝戦でペルー代表と戦って優勝を決め、チチ監督を胴上げして喜ぶブラジル代表たち(Lucas Figueredo/CBF)

 南米サッカー協会(CONMEBOL)は15日、アルゼンチンとコロンビアでのコパ・アメリカを当初の予定より2日間短縮し、6月13~7月10日に開催することを決めた。参加国は招待国なしの南米10カ国となる。15、16日付現地紙、サイトが報じている。
 今回のコパ・アメリカに関してはコロナ禍により開催を危惧する声もあったが、開催されることになった。だが、当初予定されていた二つの招待国、オーストラリアとカタールの参加は見送られた。
 形式は南米10カ国が二つのグループ・リーグを作り、その内の4チームずつが決勝トーナメントに進むやり方で行う。

 開幕式は6月13日にアルゼンチンで開催され、決勝は7月10日にコロンビアで行われる。
 ブラジル代表(セレソン)は14日のメデジンでのベネズエラ戦からスタート。以降、18日がカリでのペルー戦、24日がバランキージャでのコロンビア戦、28日がボゴタでのエクアドル戦となる。
 なお、CONMEBOLは3月末に開催予定だったW杯南米予選の第5、第6節を延期することも発表した。欧州のサッカー・クラブから、この期間中の代表チームへの選手招集許可が下りなかったためだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コパ・アメリカ開催をめぐり泥沼に=チッチ監督が解任寸前?!=大統領がセレソン人事介入=CBF会長がセクハラ疑惑停職2021年6月8日 《ブラジル》コパ・アメリカ開催をめぐり泥沼に=チッチ監督が解任寸前?!=大統領がセレソン人事介入=CBF会長がセクハラ疑惑停職  ブラジルでのサッカーのコパ・アメリカ開催をめぐり、ボイコットを求めるブラジル代表(セレソン)に対し、ボルソナロ大統領がセレソン人事への介入を試み、ブラジル・サッカー連盟のロジェリオ・カボクロ会長がチッチ監督の解任を試みたが、その報道が行われた直後、職員へのセクハラ疑惑 […]
  • 《ブラジル》コパ・アメリカに会場提供拒否する州も=レナン上議「死の選手権」と批判2021年6月2日 《ブラジル》コパ・アメリカに会場提供拒否する州も=レナン上議「死の選手権」と批判  5月31日に急きょ、ブラジルで開催とアナウンスされたサッカーのコパ・アメリカに対し、一部の州が「自分たちの州では開催させない」と強く反発している。5月31日、6月1日付現地紙、サイトが報じている。  コパ・アメリカは通常、国内のいくつかの都市にまたがって開催されるが […]
  • マラドーナ=アルゼンチン国葬、世界から弔辞=ペレ「天国で一緒にサッカーを」2020年11月27日 マラドーナ=アルゼンチン国葬、世界から弔辞=ペレ「天国で一緒にサッカーを」  【既報関連】25日に急死したアルゼンチンの伝説的サッカー選手、マラドーナの死をめぐり、サッカー界や政界、法王からも続々と弔辞が送られた。26日のアルゼンチンでの葬儀は国葬となった。26日付現地紙、サイトが報じている。  サッカー界ではまず、生前「どちらがサッカー史上 […]
  • マラドーナが急死=アルゼンチンのサッカーの伝説2020年11月26日 マラドーナが急死=アルゼンチンのサッカーの伝説  アルゼンチンが生んだ伝説のサッカー選手、ディエゴ・マラドーナが25日、ブエノスアイレス郊外のティグレで心不全のため亡くなった。60歳だった。  マラドーナは3日、体調不良によりコロナウイルス感染を疑って検査入院した際、硬膜下血腫と診断され手術。8日後に退院した後は自 […]
  • 東西南北2020年3月14日 東西南北  11日にWHOが新型コロナウイルスのパンデミック宣言を行ったのと時を同じくして、ブラジルでの感染者数が急速に増えているが、これに伴い、ブラジル国内や南米でも、大きなイベントの中止や延期が相次いでいる。サッカーでは、リベルタドーレス杯が、来週の試合分から無期限での開催延期となっ […]