ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル・銃規制緩和問題》銃取得は「元から簡単だった」=地元紙記者が申請手順を検証=「大統領令は不要」と結論

《ブラジル・銃規制緩和問題》銃取得は「元から簡単だった」=地元紙記者が申請手順を検証=「大統領令は不要」と結論

「ボウソナロ大統領の規制緩和の前から銃所持は容易だった」と伝える、10日付のフブラジル紙

「ボウソナロ大統領の規制緩和の前から銃所持は容易だった」と伝える、10日付のフブラジル紙

 肝心の社会保障制度改革はまだ委員会審議さえ始まっていないが、ボウソナロ政権が発足直後に行った“仕事”に、銃規制緩和のための大統領令がある。1月15日に署名された同大統領令により、一般市民が銃を所持するための条件がどのように変化したのか、10日付現地紙が報じている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ