ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ボウソナロ訪米 米国との接近望み中国を批判 初日はバノンらと会食 グル帯同で内部に緊張も トランプとは今日会談

《ブラジル》ボウソナロ訪米 米国との接近望み中国を批判 初日はバノンらと会食 グル帯同で内部に緊張も トランプとは今日会談

17日、米国に到着したボウソナロ大統領(Isac Nóbrega/PR)

17日、米国に到着したボウソナロ大統領(Isac Nóbrega/PR)

 訪米中のボウソナロ大統領は17日午後にワシントン入り。同日は、セルジオ・アマラル駐米大使が主催した会食に参加し、トランプ大統領の右腕だったスティーヴ・バノン氏らをはじめとした保守派政治家たちと、中国との貿易依存を減らす必要などを話し合った。トランプ大統領との会談は今日19日に行われる。18日付ブラジル国内紙、サイトが報じている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ