ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 好評販売中の「三山ひろしコンサートinブラジル」のチケット。半額となる60歳以上高齢者を対象とする座席の売り上げ数が、規定の4割に達したため、これ以降はすべて正規料金で販売される。主催団体関係者によれば、「発売から3日間で半額席が全て完売になった」とか。売れ行きは好調なよう。公演は、6月16日に文協大講堂(Rua Sao Joaquim, 381)で行われ、午前11時と午後3時の2回。A席(中央通路より前列)=500レアル、B席(後列)=440レ、C席(2階席)=240レ。眺めがよく、意外に舞台が近くに見える2階席はまだ余裕があるそうなので購入はお早めに!

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日系ライオンズクラブ=百周年記念して夕食会=5月16日2008年4月30日 日系ライオンズクラブ=百周年記念して夕食会=5月16日 ニッケイ新聞 2008年4月30日付け  ブラジル日系ライオンズクラブ(村松一喜会長)は、ブラジル日本移民百周年事業の一環として、五月十六日にリベルダーデの家客会館(Rua Sao Joaquim,460)で記念夕食会を開催する。 […]
  • ガーナ250人が亡命申請=W杯観戦後に職求め南部へ2014年7月12日 ガーナ250人が亡命申請=W杯観戦後に職求め南部へ  先月末から、ブラジル最南端のリオ・グランデ・ド・スル州のカシアス・ド・スル市の連邦警察署に、約250人のガーナ人が訪れ亡命を申請していると地元メディアが伝えている。 ガーナ人らはW杯の試合観戦を目的に観光ビザで入国し、同国代表がW杯の試合を行ったナタル、フォルタレーザ、ブ […]
  • 大耳小耳2019年6月18日 大耳小耳  俳誌『朝蔭』第474号が4月に刊行された。《春雷の一喝に雨上がりたる》(秋村蒼一郎)からは、昔風の「怖いオヤジ」のような自然への畏敬と敬愛が感じられる。《老いの掌に三度叩きて蚊を逃す》(杉本三千代)には、電撃ラケットをお薦め。鈍る動きを文明で補う? 《人家埋めダムも決壊秋出水 […]
  • 首都で経済セミナー=下院・大使館の共催で2006年5月30日 首都で経済セミナー=下院・大使館の共催で 2006年5月30日(火) […]
  • ■訃報■小針一氏2011年10月21日 ■訃報■小針一氏 ニッケイ新聞 2011年10月21日付け  マリリアを中心に汎パウリスタ線の柔道・相撲の普及に努めた小針一氏が15日、マリリア市内の自宅で心不全のため亡くなった。享年85。 […]