ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ボウソナロ大統領=ベネズエラ問題で米国の支援を希望=軍事介入は広報が否定=軍部との意識差を露呈?=ゲデスも大統領と異なる意見

《ブラジル》ボウソナロ大統領=ベネズエラ問題で米国の支援を希望=軍事介入は広報が否定=軍部との意識差を露呈?=ゲデスも大統領と異なる意見

18日のボウソナロ大統領(Alan Santos/PR)

18日のボウソナロ大統領(Alan Santos/PR)

 米国を訪問中のボウソナロ大統領は18日、ブラジル・米国商工会議所での講演会で、「米国はベネズエラの危機的な状況を解決するために必要な軍事力を有している」と語った。だが、すぐに広報が「軍事介入という意味ではなく、外交的な手段によるもの」との補足を行うなど、大統領と連邦政府内の思惑の違いが浮き彫りになる瞬間を見せた。19日付現地紙が報じている。 

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ