ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ボウソナロ大統領=ベネズエラ問題で米国の支援を希望=軍事介入は広報が否定=軍部との意識差を露呈?=ゲデスも大統領と異なる意見

《ブラジル》ボウソナロ大統領=ベネズエラ問題で米国の支援を希望=軍事介入は広報が否定=軍部との意識差を露呈?=ゲデスも大統領と異なる意見

18日のボウソナロ大統領(Alan Santos/PR)

18日のボウソナロ大統領(Alan Santos/PR)

 米国を訪問中のボウソナロ大統領は18日、ブラジル・米国商工会議所での講演会で、「米国はベネズエラの危機的な状況を解決するために必要な軍事力を有している」と語った。だが、すぐに広報が「軍事介入という意味ではなく、外交的な手段によるもの」との補足を行うなど、大統領と連邦政府内の思惑の違いが浮き彫りになる瞬間を見せた。19日付現地紙が報じている。 

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • フィッチ、ブラジル格付見通し引き下げ=遠のく「投資適格」復帰2020年5月7日 フィッチ、ブラジル格付見通し引き下げ=遠のく「投資適格」復帰  【既報関連】金融商品、企業・政府などの信用状態に関する格付情報を提供する3大格付会社の一つ、フィッチ・レーティングス(F)社が5日、ブラジル格付の将来的な見通しを「安定」から「ネガティブ」に引き下げたと、同日付ブラジルニュースサイトが報じた。  見通しはネガティブに […]
  • 《ブラジル税制改革問題》下院の半数は小切手税復活に反対=新税への拒否反応は強く=賛成政党はPSLと共産党2019年8月21日 《ブラジル税制改革問題》下院の半数は小切手税復活に反対=新税への拒否反応は強く=賛成政党はPSLと共産党  【既報関連】税制改革を狙っているブラジル連邦政府の試案に含まれていると噂の金融取引暫定納付金(通称“小切手税”、CPMF)復活に、下院に議席を持つ30政党のリーダーの内15人が反対していると、20日付現地紙が報じた。  CPMFとは、銀行口座から別の銀行口座に振り込 […]
  • 社会保障制度改革=大胆で厳しすぎと法案不評=下院「和らげる修正は必至」=州知事「現状では通過無理」2019年2月23日 社会保障制度改革=大胆で厳しすぎと法案不評=下院「和らげる修正は必至」=州知事「現状では通過無理」  20日にボウソナロ大統領の提出した、社会保障制度の改革を目的とした憲法改正案が、支出削減を大胆に提案する厳しい内容を含んでいることを受け、下院議員や知事のあいだで不安が走っている。22日付現地紙が報じている。  エコノミストのアレシャンドレ・カライス氏がエスタード紙 […]
  • 大統領選に立候補?〝中国愛〟を告白したドリア2019年8月13日 大統領選に立候補?〝中国愛〟を告白したドリア  10日(土)付エスタード紙は実に興味深い紙面になっていた。論説がのるA2面のトップ寄稿に、ジョアン・ドリアサンパウロ州知事が思いっきり〝中国愛〟をぶちまけていたからだ。  いわく《1万6千キロの距離、11時間の時差。サンパウロと北京の間にあるこの地理的障壁を越えて、 […]
  • ボウソナロ政権、最初の100日で分かったこと2019年4月9日 ボウソナロ政権、最初の100日で分かったこと ▼スタートダッシュに失敗したボウソナロ    ボウソナロ政権はスタートダッシュ(最初から全力疾走)をするはずだったのに、逆に失速している。  ブラジルの場合、大統領は1月1日に任命されて働き始めるが、連邦議員が就任するのは2月初めで時差がある。さらに、この国の呆れた習慣の […]