ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 19日のホワイトハウスでのブラジル/米国の首脳会談では、トランプ、ボルソナロの両大統領に加え、ボルソナロ氏の三男エドゥアルド氏の存在が注目された。エドゥアルド氏は今回の訪米に参加していたが、自身の子息と親交があるということから、トランプ氏が会談の部屋に誘ったため、会談中もその場に居合わせることになった。だが、こうした会見の場に大統領の身内が居合わせることは非常識なことであり、また、エルネスト・アラウージョ外相の立場を無視した行為だとして、物議を醸している。ブラジリアで大統領職務の一部を代行した次男カルロス氏と共に、一族の公私混同はさらに問題となりそうだ。

     ◎

 19日、サンパウロ市南西部カポン・レドンドで軍警のウェズレイ・シケイラ・ベニテス氏(34)が背中を銃で撃たれ、死亡した。同氏はこの日の午前中、同僚と共に同地域のファヴェーラで薬物や武器などを押収し、警察署に届けたが、ファヴェーラに戻った際に、4人組の犯罪者たちが乗った車から銃弾を浴び、帰らぬ人となった。

     ◎

 今年最初のセレソンの親善試合となる、23日の対パナマ戦(ポルトガル、ポルト開催)では、チッチ監督がこれまでレギュラーではなかった選手を多く先発起用するとの説が有力だ。特に、左サイドバックのアレックス・テレス、センターバックのミリトンは初出場、初先発となりそうだ。重圧は相当なものだが、幸いな事に、2人ともFCポルトに所属しており、試合会場には誰よりも慣れている。コパアメリカに向けて層を厚くしたいチッチは、2人の躍動を期待している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年9月12日 東西南北  10日、ドナルド・トランプ米国大統領がジョン・ボルトン大統領補佐官を更迭した。ボルトン氏と言えば、ジョージ・ブッシュ氏が大統領だった2001~08年当時から共和党政権のタカ派外交の参謀役として知られ、トランプ政権でも右腕的存在だった。ボルトン氏は昨年11月に、米国政府の要人と […]
  • 東西南北2019年8月2日 東西南北  サンパウロ市地下鉄4号線のオスカル・フレイレ駅は、昨年4月に営業が開始されたが、出入り口の一つが工事中のままだった。だが、完成の遅れていたレボウサス大通りの出入り口が、駅開業から1年3カ月以上経過した7月31日にやっと完成し、落成式が行われた。この出入り口にはエスカレーターと […]
  • 東西南北2019年6月25日 東西南北  サッカーの女子W杯でブラジル代表は敗退してしまったが、男子代表は22日、コパ・アメリカで無難に決勝トーナメント進出を決めた。この日のペルー戦では、前試合のベネズエラ戦でゴールを3本無効にされた挙句に引き分け、散々批判されたうっぷんを晴らすかのように、前半から攻めに攻め、終わっ […]
  • 東西南北2020年10月16日 東西南北  サンパウロ市の市長候補で、現時点の世論調査で支持率トップのセルソ・ルソマノ氏が、13日に開かれたサンパウロ州商業協会の会合で、「クラコランジア(麻薬常習者の密集地区)の路上生活者は入浴しないからコロナに対する抵抗力がより強い」と発言し、物議を醸した。入浴とコロナへの抵抗力との […]
  • 東西南北2020年10月14日 東西南北  12日の「子供の日」直前の10日、新型コロナの感染拡大で3月21日から営業を停止していたサンパウロ大都市圏の伝統的な遊園地シダーデ・ダス・クリアンサスが営業を再開した。サンパウロ大都市圏と他の5地区は外出規制が第5段階中の4番目の「緑」になり、文化施設などの営業再開が可能とな […]