ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 19日のホワイトハウスでのブラジル/米国の首脳会談では、トランプ、ボウソナロの両大統領に加え、ボウソナロ氏の三男エドゥアルド氏の存在が注目された。エドゥアルド氏は今回の訪米に参加していたが、自身の子息と親交があるということから、トランプ氏が会談の部屋に誘ったため、会談中もその場に居合わせることになった。だが、こうした会見の場に大統領の身内が居合わせることは非常識なことであり、また、エルネスト・アラウージョ外相の立場を無視した行為だとして、物議を醸している。ブラジリアで大統領職務の一部を代行した次男カルロス氏と共に、一族の公私混同はさらに問題となりそうだ。

     ◎

 19日、サンパウロ市南西部カポン・レドンドで軍警のウェズレイ・シケイラ・ベニテス氏(34)が背中を銃で撃たれ、死亡した。同氏はこの日の午前中、同僚と共に同地域のファヴェーラで薬物や武器などを押収し、警察署に届けたが、ファヴェーラに戻った際に、4人組の犯罪者たちが乗った車から銃弾を浴び、帰らぬ人となった。

     ◎

 今年最初のセレソンの親善試合となる、23日の対パナマ戦(ポルトガル、ポルト開催)では、チッチ監督がこれまでレギュラーではなかった選手を多く先発起用するとの説が有力だ。特に、左サイドバックのアレックス・テレス、センターバックのミリトンは初出場、初先発となりそうだ。重圧は相当なものだが、幸いな事に、2人ともFCポルトに所属しており、試合会場には誰よりも慣れている。コパアメリカに向けて層を厚くしたいチッチは、2人の躍動を期待している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 愛するコリンチャンスの優勝を見届けに=リオ・デ・ジャネイロ珍道中2015年12月7日 愛するコリンチャンスの優勝を見届けに=リオ・デ・ジャネイロ珍道中  「サンパウロFCのゴール!」「まただ! サンパウロFCのゴール!」――。11月19日夜、ヴァスコ・ダ・ガマ(ヴァスコ)対コリンチャンスの行われたリオのサンジャヌアリオ競技場の記者席では、他会場で2位アトレチコがサンパウロFC相手に敗色濃厚な様子を知らせる叫び声が響いていた。 […]
  • 《ブラジルサッカー》問題点を国内の名将が指摘=「育成期からの結果至上主義が問題」2019年4月19日 《ブラジルサッカー》問題点を国内の名将が指摘=「育成期からの結果至上主義が問題」  かつての“サッカー王国”ブラジルは、2002年のW杯優勝を境に、4大会連続で優勝を逃した。いまだ記憶に新しい5年前、地元開催W杯での7対1での敗戦、国内リーグの名将チッチをもってしても、昨年のロシアW杯では8強止まりだった。  何がこうした状況を招いているのか、有力 […]
  • 《サッカーブラジル代表》3月親善試合のメンバー発表=レアルの新生ヴィニシウスJrを初招集2019年3月2日 《サッカーブラジル代表》3月親善試合のメンバー発表=レアルの新生ヴィニシウスJrを初招集  ブラジルサッカー連盟(CBF)は2月28日、3月下旬の親善試合に向けたブラジル代表(セレソン)メンバーを発表した。  チッチ監督は23人を選出。弱冠18歳ながら、レアル・マドリッドで活躍を見せているFWのヴィニシウス・ジュニオルが、初の招集メンバー入りを果たした。 […]
  • 東西南北2019年4月18日 東西南北  17日付アゴラ紙に、サンパウロ市南部ジャルジン・アンジェラのバス・ターミナルでは、鳩の糞があまりに多く、利用者からの苦情が相次いでいる、という記事が大きく掲載された。文字通り、きれいな話ではないが、この件の場合、問題なのは清掃の大変さや外観よりも、それらの糞が人々に病気をもた […]
  • 東西南北2019年4月10日 東西南北  4月に入り、本来ならもう雨季も終わっているはずなのだが、ここ数日は、大雨のあったリオのみならず、サンパウロ市でも雨季さながらの雨が降り続いている。サンパウロ市では9日の時点で4日連続で雨が降り続いたことになる。同日午前9時現在の主要水系の降水量をみても、今月の累積はすでに50 […]