ホーム | 日系社会ニュース | 人文研調査=全伯で日本祭り88、盆踊り138=「会館拠点に日本精神発信」=地域社会で親日感情を醸成

人文研調査=全伯で日本祭り88、盆踊り138=「会館拠点に日本精神発信」=地域社会で親日感情を醸成

(左から)細川コーディネーター、宇都宮さん

(左から)細川コーディネーター、宇都宮さん

 【既報関連】「日系社会が消滅するという言説があるが、日本精神の灯は守られている。世界も伯国も変容する中で日系社会も変化し続けるが、決して消滅することはないと信ずる」――サンパウロ人文科学研究所が実施した「日系社会実態調査」の第二回報告会(ポ語のみ)が14日に県連会議室で催され、宇都宮スエリさんはこう総括した。全伯で「日本祭り」的イベントは88、盆踊りは138もあることが分かり、日系団体が地域社会から高い評価をえて影響力を及ぼしている様子が浮かび上がった。

集合写真

集合写真

 昨年11月にジャパンハウスで開催された第1回報告会は日本語中心だったが、今回はポ語中心でより分析が進んだ内容が発表された。

 全伯各地の文化体育協会436団体が対象となったこの調査で、約2千人以上を動員する日系団体主催の「日本祭り」的イベントだけで、全伯では88件に上ることが分かった。うち市の公式行事に認定されているのが約3割。会場の多くは日系団体の会館だ。宇都宮さんは「地方では会館は地域住民全体にとって、唯一の娯楽イベントの場所となっていることが多い」と分析する。

 なお、全伯で開催される盆踊りだけで138件もあり、地域の非日系人も参加する場合が多い。

 イベントが日系団体の存在感につながっていることを裏付けるデータとして、1328人の非日系人に対する街頭調査結果を公表。「居住する町に日系社会があるか」との質問に75%が「はい」と回答。「日系イベントに参加する、もしくは参加した経験があるか」との質問に対しても、同等の「はい」が75%を占めた。日系社会の印象については、99・4%が好意的で、「日本食が好きか」との質問には「はい」との回答が8割に上った。

 「市や近隣の人から、日系社会ならではという賞賛を受けたことがありますか」との問いに、93%の日系人が「はい」と回答。全伯各地の会館によるイベント等を通じ、親日感情の醸成に寄与してきたことが浮き彫りとなった。

 今調査の結果報告書は完成したら、人文研サイト(https://www.cenb.org.br/)で公表される。調査対象となった団体を地図上で示し、ポイントすると基礎情報が表示される「日系社会マップ」(http://nw.org.br/sistema/ctr_APIGoogleMaps_filtro/)は、すでに公開中。収集した情報はデータバンクとして保存され、各種データ抽出の依頼も受けている。問合せは人文研(pesquisanikkei@gmail.com)まで。

 最後に、宇都宮さんは「会館は日本精神の発信拠点。それを保つことができたのもブラジルが多文化に寛大であるがゆえ。日系、非日系人を問わず、日本の価値観が賞賛されている」と締め括った。

 

 

□大耳小耳□関連コラム

    ◎

 人文研の日系団体実態調査では、調査員18人が2年半がかりで500カ所を訪問し、142項目に及ぶ聞き取り調査を実施した。団体の活動状況については「大変活発」「活発」「普通」が約6割を占める一方、残り約4割は課題を抱え、活動継続に危機感を募らせている。特に、地方では後継者不足が深刻化していると見られ、青年部を有する団体は22%に留まった。一方、02~18年の間に新たに23団体が発足したという明るい兆候も。これは日本移民百周年(08年)の影響と見られる。また、過去5年間で施設の新設、増築、改装をした団体は62%で、一世が建てた会館が二世の代になっても大事に使われていることが明らかになった。ここを拠点に繰り返し日系イベントが行なわれることで、全伯で親日派ブラジル人が醸成されているようだ。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 第41回聖州相撲選手権大会=4部門で約150人が競い合う2019年4月6日 第41回聖州相撲選手権大会=4部門で約150人が競い合う  ブラジル相撲連盟(土屋守雄オスカル会長)主催の「第41回聖州相撲選手権大会」が、先月24日、聖市ボン・レチーロ区の常設土俵場で行なわれた。  今回、初めて成年部門を加えた同大会。会場には幼年から成年まで4部門に参加する男女合わせた約150人の力士が集い、互いの実 […]
  • JICA=聖出張所に3人が新任=佐久田、長谷川、野本3氏2019年4月3日 JICA=聖出張所に3人が新任=佐久田、長谷川、野本3氏  JICAブラジル事務所サンパウロ出張所に3月から着任している3人が挨拶のため来社した。  総務経理担当所員の佐久田朝親(ともちか)さん(47)は、「アルゼンチン生まれで12歳から日本育ち。母国語がスペイン語で、第1外国語が英語、第2外国語が日本語」という変わった経歴 […]
  • 文協総会=次期会長に石川レナト待望論=27日の評議員会で決定=シャッパ締め切りは11日2019年4月4日 文協総会=次期会長に石川レナト待望論=27日の評議員会で決定=シャッパ締め切りは11日  ブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)の評議員を決める「第57回定期総会」が3月30日に聖市の文協ビルで開催され、委任状20を含め78人が出席した。呉屋会長が不出馬を表明したことにより、会場では次期会長の予想に注目が集まっていた。有力候補として名前が挙がっていたのは […]
  • 最後の日系文学、第61号刊行2019年4月3日 最後の日系文学、第61号刊行  最後の『ブラジル日系文学』第61号(発行者=武本憲二、編集者=中田みちよ)が3月に刊行された。  今号では武本由夫特集号として、特別寄稿『「武本文学賞」創設前後―その知られざる背景―』(伊那宏)を掲載。三十六年間継続した武本文学賞の創設時の思い出を紹介。“難産”の末 […]
  • 飛瀬さん、大阪研修から帰国=「祖父母の苦労を知った」2019年4月3日 飛瀬さん、大阪研修から帰国=「祖父母の苦労を知った」  大阪サンパウロ(聖)姉妹都市協会(吉川秀隆会長)の招致で2月22日から約2週間訪日していた飛瀬(とばせ)マリア・ジュリアさん(21、三世)が帰伯し、研修を終えた報告のために来社した。  飛瀬さんは昨月11日に帰国。日本滞在中は大阪府を中心に東京、京都、兵庫、岡山など […]