ホーム | 日系社会ニュース | 全伯幼少年剣道大会に190人=林ケンジさん、二大会連続優勝

全伯幼少年剣道大会に190人=林ケンジさん、二大会連続優勝

 ブラジル剣道連盟(須合ジョニ会長)は「第37回全伯幼少年剣道大会」を10日、スザノ市のアレナ新体育館で開催した。少年女子ではゴンサウヴェス・ビトリヤ(聖武館)が優勝、注目の少年男子個人戦では、地元福博村の林ケンジさん(16)が二年連続優勝を果たした。団体選では三重が幼々年で2位、幼年で1位、少年で1位、段外で2位を占めるなど健闘した。

 マットグロッソや首都ブラジリアなど8州から190人の剣士が集い、日頃の稽古で磨いた腕を競った。幼少年に加え、段外大会を併催。開会式では、須合会長、芦内ロドリゴ同市長が挨拶。林義宣審判長の訓辞を以って、大会開始となった。

 なお、試合成績は以下の通り。

▼個人戦【幼々年女子】1位=朝斗ユカリ(スザノ)、2位=郡司アケミ(福博)、3位=江口ルアナ(SC)、郡司カオリ(福博)

【幼々年男子】1位=山岡ソタ(リオ)、2位=山本キン(三重)、3位=アラウジョ・ユウジ(福博)、郡司ヒデキ(福博)

【幼年女子】1位=団ハルカ(三重)、2位=河畑アヤネ(香川)、3位=グラナド・カレニナ(福博)、宮崎アヤ(三重)

【幼年男子】1位=カルドーゾ・シンジ(スザノ)、2位=大田カズユキ(ジャカレイ)、3位=小早川ユキオ(福博)、斉藤ダイキ(文協)

【少年女子】1位=ゴンサウヴェス・ビトリヤ(聖武館)、2位=朝斗サユキ(スザノ)、3位=有賀エミ(文協)、カルドーゾ・アナ(クイアバ)

【少年男子】1位=林ケンジ(福博)、2位=ブラガ・エンゾ(インスチット)、3位=清田ギレルメ(インスチット)、宮崎ショウゴ(三重)

【段外女子】1位=中島タイナ(国士舘)、2位=木下アドリアナ(文協)、3位=本田ヒトミ(SC)、森田リヤ(クイアバ)

【段外男子】1位=石井ルカス(クリチバ)、2位=手島ユタカ(ペ・バレット)、3位=ロドリゲス・パウロ(聖武館)、マルケス・ビトル(インスチット)

▼団体戦【幼々年】1位=福博、2位=三重、3位=スザノ

【幼年】1位=三重、2位=文協、3位=スザノ、福博

【少年】1位=三重、2位=ロンドリーナ、3位=ペ・バレット

【段外】1位=クイアバ、2位=三重、3位=文協、クリチバ

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》新たに3市がメトロポリスに=カンピーナスは州都以外で初の快挙2020年6月27日 《ブラジル》新たに3市がメトロポリスに=カンピーナスは州都以外で初の快挙  ブラジル地理統計院(IBGE)が25日、エスピリトサント州ヴィトリア、サンタカタリーナ州フロリアノポリス、サンパウロ州カンピーナスの3市をメトロポリスに認定したと発表した。  メトロポリスとは、国や大きな地方における経済・文化の中心で、国際的な連携のハブとなるような […]
  • 今年も日本式野球の伝授に=日体大から8人がブラジルで指導=JICA通じ全国10都市で2017年3月21日 今年も日本式野球の伝授に=日体大から8人がブラジルで指導=JICA通じ全国10都市で  JICAによる大学連携事業で、日本体育大学の野球部員ら8人が今年も来訪指導に訪れた。技術向上と青少年教育などを目的としており、21日の帰国まで約1カ月間、聖(サンパウロ)、麻(マット・グロッソ)州を始めとする全国10都市で活動。2014年の派遣から4年連続で実施され、走攻 […]
  • 《ブラジル》国際女性デーにも422件?=暴行や脅迫などの被害届2017年3月14日 《ブラジル》国際女性デーにも422件?=暴行や脅迫などの被害届  国際女性デーの8日、ブラジル国内では男女同権、女性への嫌がらせや暴力行為撲滅などを訴える抗議行動が繰り広げられたが、その一方で、全国23カ所の女性警察には少なくとも422件の被害届が出された。  届出があった犯罪は、傷害や脅迫、暴行、強姦その他で、家庭内暴力などで被害者に接 […]
  • 喫煙者30・7%減る=密輸煙草の使用は若干増2015年5月30日 喫煙者30・7%減る=密輸煙草の使用は若干増  5月31日の「世界禁煙デー」を前に保健省が28日、13年の喫煙者は08年比30・7%減と発表したと29日付エスタード紙が報じた。 喫煙者が減ったのは煙草代が上がった事が最大の原因とみられるが、より廉価なパラグアイ産の密輸煙草を吸う人が喫煙者の2・4%から3・7%に増えてい […]
  • 安倍 晋三2015年1月9日 年頭のごあいさつ 「日系社会との関係強化を」=内閣総理大臣 安倍 晋三  ブラジルにお住まいの日系人・邦人の皆様、2015年の年頭に当たり、謹んで新年のお慶びを申し上げます。 昨年末に日本で行われた総選挙は、「アベノミクス」を前に進めるか、それとも止めてしまうのか、が大きく問わ […]