ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ市=ショッピング警備員が強盗殺人の犠牲者に=スザノの州立校襲撃事件の被害者の父

サンパウロ市=ショッピング警備員が強盗殺人の犠牲者に=スザノの州立校襲撃事件の被害者の父

事件が起きたショッピング・メトロ・イタケーラ(Divulgação)

事件が起きたショッピング・メトロ・イタケーラ(Divulgação)

 サンパウロ市東部で15日午後、ショッピング・メトロ・イタケーラの警備員が3人組の強盗に襲われ、所持していた銃を奪われた上、銃撃を受けて死亡する事件が起きた。

 事件が起きたのは午後5時半頃で、13日に起きたスザノ市での州立校襲撃事件で負傷した娘を精神科医に連れていくために早めに仕事を切り上げたマウリシオ・マルチンス・ドス・サントスさん(38)が、バイクに乗って駐車場まで出てきたところ、3人組に取り囲まれたという。

 3人組はサントスさんの銃を奪い、発砲後、近くのファヴェーラ(スラム)に逃げ込んだ。サントスさんは病院に運ばれたが、助からなかった。

 警察は防犯カメラの映像から、グスターヴォ・サントス・ダ・シウヴァ(22)、マルコス・エンリケ・ナカムラ(24)、ウェスレイ・リマ(20)の3容疑者を割り出し、逮捕令状を取り寄せた。

 同件の捜査は、アルトゥル・アウヴィン区の第65署が取り扱っている。(15、20日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ