ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》テメル前大統領を逮捕 アングラ3関連の収賄疑惑で モレイラや噂の友人も一緒に なおも9件の捜査抱える

《ブラジル》テメル前大統領を逮捕 アングラ3関連の収賄疑惑で モレイラや噂の友人も一緒に なおも9件の捜査抱える

テメル大統領(marcos Correa/PR)

テメル大統領(marcos Correa/PR)

 21日、リオ州のラヴァ・ジャット作戦により、テメル前大統領(民主運動・MDB)が収賄容疑などで逮捕された。リオのアングラ3発電所の事業契約に伴い、100万レアルを収賄した容疑によるものだ。21日付現地サイトが報じている。

  テメル氏は21日朝、サンパウロ市西部ジャルジン・ウニヴェルシダーデの自宅から車で出かけたところで、連邦警察から逮捕通達を受けた。今回の逮捕令状を出したのはリオ連邦地裁第7刑事法廷のマルセロ・ブレッタス判事で、テメル政権で大統領府総務室長官などをつとめたモレイラ・フランコ氏らも逮捕されている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ