ホーム | コラム | 樹海 | 「正義主張」で民主主義が脅かされる皮肉

「正義主張」で民主主義が脅かされる皮肉

ラヴァ・ジャット班のデウタン・ダラグノル検察官(Jose Cruz Agencia Brasil)

ラヴァ・ジャット班のデウタン・ダラグノル検察官(Jose Cruz Agencia Brasil)

 14日に出た判決を巡って、現在、最高裁が批判の矢面に立たされている。それは同裁が、「ラヴァ・ジャット(LJ)作戦のような大型汚職犯罪の場合でも、選挙に使われた隠し口座の裁判は選挙裁判所で行なう」との投票結果を下したからだ。これを「国を揺るがした大型汚職事件に対しての妨害行為だ」と、ラヴァ・ジャット管轄のパラナ州連邦警察は煽り、その輪が先週末に広がっていた。国民はそれ以前から、自身も汚職の疑いが持たれ、政治家に有利な判断を下すジウマール・メンデス判事のことなども気に入らなかった

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • TVドラマでも揺らいだモロへの信頼性2019年5月10日 TVドラマでも揺らいだモロへの信頼性  伯国でも世界有数に加入者の多い、映像配信サービス「ネットフリックス」では今日10日から、ペトロブラス汚職を暴くラヴァ・ジャット作戦を元にした伯国製作の連続ドラマ「オ・メカニズモ」の第2シーズンがはじまる。このドラマが、ラヴァ・ジャットの捜査員や同事件に絡んだ政治家など […]
  • 「ヴァザジャット」で腑に落ちたモロの本当の評判2019年6月14日 「ヴァザジャット」で腑に落ちたモロの本当の評判  9日の夜から、伯国は、通称「ヴァザジャット」と呼ばれるスキャンダルで揺れている。ラヴァ・ジャット作戦を指揮していた二人のリーダー、セルジオ・モロ法相とデウタン・ダラグノル捜査官が、違憲とされている「判事と検察の協力」を行なっていたことや、ダラグノル氏に関しては、実はル […]
  • 政界の裏で実権を握りそうな男2019年4月26日 政界の裏で実権を握りそうな男  今年に入り、ジャイール・ボウソナロ大統領、および彼の家族が引き起こす物議が国の内外で話題を呼んでいる。ただ、これからの少なくとも2年間、政治上の裏の実権を握りそうなのはロドリゴ・マイア下院議長になるのではないか。コラム子はそう睨んでいる▼それを象徴する出来事が23日に […]
  • ブラジル/パラグアイ首脳会談=パラグアイ人3人の難民認定取消へ=「犯罪者の政治亡命認めない」2019年3月14日 ブラジル/パラグアイ首脳会談=パラグアイ人3人の難民認定取消へ=「犯罪者の政治亡命認めない」  【既報関連】ボウソナロ大統領が12日、パラグアイのマリオ・ベネテス大統領と首脳会談を行い、パラグアイ人3人の難民認定取消について話し合ったと同日付ブラジル国内紙サイトが報じた。  問題の3人は、18年前に女性を誘拐したとしてパラグアイの裁判所で有罪判決を受けたが、ブ […]
  • 《ブラジル》ボウソナロが「モロ法相を最高裁判事に」=「就任時の約束」と大統領語る=Coaf敗北数日後に=最速は20年11月だが2019年5月14日 《ブラジル》ボウソナロが「モロ法相を最高裁判事に」=「就任時の約束」と大統領語る=Coaf敗北数日後に=最速は20年11月だが  ボウソナロ大統領は12日、セルジオ・モロ法相に関して、「空きができたら最高裁判事に推す」との発言を行った。その発言は、自分の政策が批判を浴び、連邦政府の思い通りにことが運ばない矢先でのことだった。13日付現地紙が報じている。  この発言は、ラジオのバンデイランテス局 […]