ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》=麻疹根絶認証、取り消しへ=北部の3州で発症例止まらず

《ブラジル》=麻疹根絶認証、取り消しへ=北部の3州で発症例止まらず

ブラジルの麻疹根絶認証取り消し危機を伝えるサイト記事

ブラジルの麻疹根絶認証取り消し危機を伝えるサイト記事

 パラー州で2月23日に新たな麻疹(はしか)の症例が確認されたことで、ブラジルの麻疹根絶認証が取り消される事になったと20日付現地紙などが報じた。

 この情報は、ブラジル保健省により、19日に確認された。ブラジルは2016年に汎米(パン・アメリカン)保健機構から、麻疹根絶達成国の認証を受けていたが、今年2月23日の発症確認で、麻疹の発症が1年以上続いてしまった。

 ブラジルでは、数年にわたり麻疹の発症が抑えられてきたが、予防接種率の低下が再流行の発生を許した。2018年2月には、隣国ベネズエラからの難民が急増していたロライマ州で、国内で2年ぶりの患者が確認され、その後2018年末までに、国内全10州と連邦直轄区で1万326人の患者が確認された。

 患者発生が最も多かったのは9803人のアマゾナス州で、以下、ロライマ州(361人)、パラー州(79人)、リオ・グランデ・ド・スル州(46人)、リオ州(20)などと続く。

 ブラジル保健省は、「7州と連邦直轄区での発症は抑えられた」としている。しかし、件数の多いアマゾナス、ロライマ、パラーの3州での発症は続いており、今年に入ってからも、28件が確認された。

 保健省は、麻疹根絶認定を回復するために、麻疹の予防ワクチン接種を推進する対策集を19日に発表。中には、「学校入学時や軍入隊時にワクチンを接種しているかを確認する事を義務付ける」ための法案の提出も含まれている。

 また、連邦政府も、予防接種所の稼働時間拡大のために各州や各市に対する援助を行うことや、生活扶助受給者への指導強化を検討している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 来社した児島会長と大政理事2014年11月8日 ラテンアメリカ剣道大会=メキシコで13日開幕  ラテンアメリカ剣道連盟(児島修徳会長)主催の「第4回ラテンアメリカ剣道大会」が13~16日、メキシコのメリダ市で開催される。14カ国200人の選手が出場し、ブラジルからは32人が参加する。 初日は日本から訪れる二子石貴資(八段)、黒瀬有申(七段)、上國料修一( […]
  • 《サンパウロ市》スパイス・ガールズのメンバーまで登場=300万人を集めた2019年ゲイパレード2019年6月25日 《サンパウロ市》スパイス・ガールズのメンバーまで登場=300万人を集めた2019年ゲイパレード  23日、サンパウロ市最大の繁華街パウリスタ大通りで、毎年恒例のゲイパレードが行われ、主催者発表で300万人を集める盛況となった。  今年のゲイパレードは、同性愛者嫌悪で知られるボルソナロ大統領の就任1年目ではあったものの、数日前に最高裁で「同性愛差別は人種差別法に含 […]
  • 2011年4月9日 ■ひとマチ点描■氷のなる木!? ニッケイ新聞 2011年4月9日付け  街路樹から毎日水が垂れてくる。何かと思ったら氷ができていた—。サンパウロ市の住宅街でこんな木が見つかり、近所の話題になっている。 […]
  • コラム 樹海2012年1月11日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2012年1月11日付け […]
  • 元恋人からの暴力を告発=元有名モデル、ルイーザが訴え2016年7月5日 元恋人からの暴力を告発=元有名モデル、ルイーザが訴え  80年代にブラジルを代表する美女として一世を風靡した、モデルで女優のルイーザ・ブルネッチ(54)がサンパウロ州検察局に、元恋人のリリオ・アルビーノ・パリゾット氏から肉体的暴力を受けたと被害届を出し、話題となっている。 ルイーザは80年代前半、後に司会者としてブラジル屈指の有名 […]