ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル・雇用情勢》=2月の正規雇用は17万3千人増=2月としては5年ぶりの好結果

《ブラジル・雇用情勢》=2月の正規雇用は17万3千人増=2月としては5年ぶりの好結果

 経済省は25日、2月の全就労・失業者台帳(Caged)のデータを発表した。それによると、2月は正規雇用が17万3139人分増えた。

 「正規雇用の増加」とは、2月に発生した新規正規雇用(145万3284人)と、2月に正規雇用を失った人数(128万145人)の差し引きだ。今年2月の結果は、26万823人分の正規雇用増を記録した2014年2月に次ぐもので、2月としては過去5年間で最大の伸びだ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ市=「現代美術よ、永遠に!」=ポルチナリらの作品の展示会2019年8月28日 サンパウロ市=「現代美術よ、永遠に!」=ポルチナリらの作品の展示会  サンパウロ市中央部のファロル・サンタンデルで27日、ポルチナリ、ディ・カヴァウカンチ、トミエ・オオタケ、ヴィクトル・ブレシェレといった現代画家の作品展、「コンテンポラネオ センプレ(Contemporâneo, […]
  • サンパウロ市モノレール15号線=ジャルジン・プラナウト駅が開通=東部居住者の生活便利に2019年8月28日 サンパウロ市モノレール15号線=ジャルジン・プラナウト駅が開通=東部居住者の生活便利に  26日、サンパウロ市モノレール15号線で新しい駅、ジャルジン・プラナウト駅が開業した。27日付現地紙が報じている。  ジャルジン・プラナウト駅は15号線にとっては通算7駅目となる。同線は18年4月に4駅が開業したことで、より本格的な運営がはじまっていたが、それ以来の新駅とな […]
  • ドッセ川の河口は修復不能=マリアナのダム決壊事故で2019年8月28日 ドッセ川の河口は修復不能=マリアナのダム決壊事故で  15年11月5日に起きたミナス州マリアナの鉱滓ダム決壊事故で、エスピリトサント州リニャレス市のドッセ川河口の地形や生態系に修復不能な損失が生じている事が確認されたと26日付現地紙サイトが報じた。  この研究報告は、サンパウロ州立カンピーナス大学(Unicamp)の博 […]
  • アマゾン森林火災=G7が消火や植林用資金約束=NGOや住民との協働条件2019年8月27日 アマゾン森林火災=G7が消火や植林用資金約束=NGOや住民との協働条件  【既報関連】24~26日にフランスで主要7カ国(G7)首脳会議が開かれ、議長国フランスのマクロン大統領が、アマゾンの森林火災に対処し、その後の再植林を支援する意向を表明し、2千万ユーロ(9100万レアル)の拠出を約束したと25~26日付ブラジル国内紙・サイトが報じた。 […]
  • 齋藤真里奈さんが訪伯研修=大阪・聖市姉妹都市協会2019年8月28日 齋藤真里奈さんが訪伯研修=大阪・聖市姉妹都市協会  齋藤真里奈さん(22、静岡県)が大阪・サンパウロ姉妹都市協会による研修制度で20日に来伯、23日に来社した。先週行われた姉妹都市50周年記念行事にも出席、研修しながら9月2日まで滞在の予定。  齋藤さんは大阪大学外国語学部ポ語専攻3年で、今年2月に行われた同会主催「 […]