ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ》求人イベントに応募者殺到=行列で待ちながら、水を売る人まで登場

《サンパウロ》求人イベントに応募者殺到=行列で待ちながら、水を売る人まで登場

求職の列でも水を売るジャクソンさんを紹介する地元メディア

 サンパウロ市と労働組合が合同開催する、求職者に雇用を紹介するマッチングサービスが26日に始まり、同日朝だけで1万5千人(主催者発表)の求職者が、市内中心部のヴァーレ・ド・アニャンガバウーに大行列を作った。

 今回のマッチングサービスに参加している企業は合計30社。募集している人材は、テレフォンマーケティングスタッフや小売店のレジ係、接客スタッフなど、計6千人分だ。 マッチングサービスは29日まで行われるが、4日間分の整理券は26日に配られるため、前日から泊り込んだり、早朝に家を出たりした人が長蛇の列を作った。

 求職者の面接は、29日までの4日間、午前8時から午後5時まで行われる。面接はサンパウロ市フォルモーザ街99番の商業関係労組ビルで行われ、身分証明書と納税者番号、労働手帳、履歴書を持参すればよい。 主催者側の労組によると、26日に面接を行う700人分の整理券は、10時までなくなった。それ以上の番号の人は、27~29日に面接を受けることになる サンパウロ市経済開発労務局の職員によると、「今回の合同求職イベントの目的は、不況に苦しむ市民に労働市場に復帰するチャンスを提供すること」だという。市役所側は、テレフォンマーケティングスタッフとレジ係はそれぞれ合計1千人以上の求人があり、職を得るチャンスが最も大きいとしている。

 26日の朝4時半から列に並び、整理券を手に入れたジャクソン・シルヴァさん(26)は、整理券の配布や面談を待つ間も、行列に並ぶ人々に水を売り、昼食代を稼ごうとしていた。

 「どんな状況でも、機転を利かせればチャンスを作り出せるのさ。生きていくには信仰心とガッツが必要ってことだよ」と語った。

 イベントを主催した一般労働者組合(UGT)会長のリカルド・パター氏によると、今回の求人の平均給与は月額1500レアル(約4万5千円)だが、5千レアルから6千レアルの条件の職もあるという。(26日付アジェンシア・ブラジル、G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ市=「現代美術よ、永遠に!」=ポルチナリらの作品の展示会2019年8月28日 サンパウロ市=「現代美術よ、永遠に!」=ポルチナリらの作品の展示会  サンパウロ市中央部のファロル・サンタンデルで27日、ポルチナリ、ディ・カヴァウカンチ、トミエ・オオタケ、ヴィクトル・ブレシェレといった現代画家の作品展、「コンテンポラネオ センプレ(Contemporâneo, […]
  • 齋藤真里奈さんが訪伯研修=大阪・聖市姉妹都市協会2019年8月28日 齋藤真里奈さんが訪伯研修=大阪・聖市姉妹都市協会  齋藤真里奈さん(22、静岡県)が大阪・サンパウロ姉妹都市協会による研修制度で20日に来伯、23日に来社した。先週行われた姉妹都市50周年記念行事にも出席、研修しながら9月2日まで滞在の予定。  齋藤さんは大阪大学外国語学部ポ語専攻3年で、今年2月に行われた同会主催「 […]
  • ドッセ川の河口は修復不能=マリアナのダム決壊事故で2019年8月28日 ドッセ川の河口は修復不能=マリアナのダム決壊事故で  15年11月5日に起きたミナス州マリアナの鉱滓ダム決壊事故で、エスピリトサント州リニャレス市のドッセ川河口の地形や生態系に修復不能な損失が生じている事が確認されたと26日付現地紙サイトが報じた。  この研究報告は、サンパウロ州立カンピーナス大学(Unicamp)の博 […]
  • 《ブラジル》各地で森林火災の影響拡大=健康被害に航空便運航停止も2019年8月24日 《ブラジル》各地で森林火災の影響拡大=健康被害に航空便運航停止も  【既報関連】法定アマゾンやカアチンガなど、ブラジル各地で違法な焼畑や延焼を含む森林火災(ケイマーダ)が急増(18日現在で昨年同期比82%増)し、健康被害や航空機などの運航停止といった影響も出ていると22、23日付現地紙、サイトが報じている。  森林火災の件数は20日 […]
  • アマゾン森林火災=G7が消火や植林用資金約束=NGOや住民との協働条件2019年8月27日 アマゾン森林火災=G7が消火や植林用資金約束=NGOや住民との協働条件  【既報関連】24~26日にフランスで主要7カ国(G7)首脳会議が開かれ、議長国フランスのマクロン大統領が、アマゾンの森林火災に対処し、その後の再植林を支援する意向を表明し、2千万ユーロ(9100万レアル)の拠出を約束したと25~26日付ブラジル国内紙・サイトが報じた。 […]