ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 10日付現地紙によると、大サンパウロ都市圏に水を供給している水系の貯水量が、この1年間で21%落ちたという。昨年の9月9日現在の貯水量は1兆3464億4千万立法メートルだったが、今年の同日は1兆604億4千万立法メートルになったという。ただでさえ、乾季で雨量が減る上、今年はコロナウイルスの影響で、家で一日中過ごす人や外から帰ったらすぐに入浴するという人が増えたこと、手洗いが頻繁になったことなどで水の使用量が増えているのが原因だ。9月10日午前9時の時点の貯水率が、カンタレイラで45・8%、グアラピランガで49・2%と、2水系で50%を割っているのも気にかかる。一般に「注意が必要」とされるのは水位が40%を割った場合だが、14年の水危機のような事態は避けたい。雨季の降雨に期待したいが。
     ◎
 11月のサンパウロ市市長選で、現職のブルーノ・コーヴァス市長の副候補にとの声もあった、元聖市市長マルタ・スプリシー氏が、現在所属の政党「連帯」の意向に反し、コーヴァス氏再選を支援する意向を表明した。「連帯」が、ボルソナロ大統領の路線支持を表明した社会党のマルシオ・フランサ氏支援を決めたためだ。マルタ氏といえばかつては労働者党を代表する政治家で、ブルーノ氏の祖父は民主社会党の創設者のひとりのマリオ・コーヴァス元サンパウロ州知事。この両党の歴史的対立図式を知っている人からすれば信じられない組み合わせだが、時の経過が為せる技か。
     ◎
 9日のサッカーの全国選手権。サンパウロは本拠地モルンビでのブラガンチーノ戦を1対1で引き分けた。押していただけに勝ちたかったところ。サントスは得点、アシスト共に1位のマリーニョの2得点などで、アトレチコ・ミネイロに3対1で快勝。リオでの注目の人気カード「フラ・フル」は、フラメンゴが2対1でフルミネンセを下した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月6日 東西南北  ブラジルでも、トランプ大統領のコロナウイルス感染問題がニュースを独占している。しかも、ボルソナロ大統領が感染した時と違って症状がかなり重く、大統領選期間中のホワイトハウスでクラスター感染が起きたことに関して「無責任」と言われても仕方がない状況だ。トランプ氏自身も焦りがあるから […]
  • 東西南北2020年8月26日 東西南北  25日午前、ツイッター上では「マジュ・メンチローザ」のハッシュタグが大量に上がった。それは、グローボ局の昼ニュース「ジョルナル・オージ」で「ブラジルで11万7千人が亡くなっているときにボルソナロ大統領は『コロナに勝ったブラジル』というイベントに参加していた」と報じたことをボル […]
  • 東西南北2020年8月15日 東西南北  ダッタフォーリャの最新の世論調査が発表され、ボルソナロ政権への支持率が37%に上がり、不支持率が46%から34%に下がった。前回の調査は6月20日だったが、その間に何があったかと言えば、大統領自身のコロナウイルス感染による隔離が2週間ほどあったこと。それに加えて、罷免を恐れて […]
  • 東西南北2020年3月27日 東西南北  24日の政見放送で不評を買ったボルソナロ大統領が、26日に出した暫定令(MP)で、外出自粛令(クアレンテーナ)の適用外となる「国民にとっての不可欠な行動」に「教会での集会」を加え、教会での活動継続を認めた。外出自粛令には企業家やペンテコステ系の福音派教会が強く反対しており、「 […]
  • 東西南北2020年3月12日 東西南北  コロナウイルスや原油価格下落による株暴落が世間の話題を独占する中、ボルソナロ大統領が行った発言が、ロイターなどを通じて世界中に打電されている。同大統領は10日、マイアミでの講演会で「コロナウイルスは報じられているほどのものではない」「マスコミが大騒ぎしているだけで、原油価格急 […]