ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 10日付現地紙によると、大サンパウロ都市圏に水を供給している水系の貯水量が、この1年間で21%落ちたという。昨年の9月9日現在の貯水量は1兆3464億4千万立法メートルだったが、今年の同日は1兆604億4千万立法メートルになったという。ただでさえ、乾季で雨量が減る上、今年はコロナウイルスの影響で、家で一日中過ごす人や外から帰ったらすぐに入浴するという人が増えたこと、手洗いが頻繁になったことなどで水の使用量が増えているのが原因だ。9月10日午前9時の時点の貯水率が、カンタレイラで45・8%、グアラピランガで49・2%と、2水系で50%を割っているのも気にかかる。一般に「注意が必要」とされるのは水位が40%を割った場合だが、14年の水危機のような事態は避けたい。雨季の降雨に期待したいが。
     ◎
 11月のサンパウロ市市長選で、現職のブルーノ・コーヴァス市長の副候補にとの声もあった、元聖市市長マルタ・スプリシー氏が、現在所属の政党「連帯」の意向に反し、コーヴァス氏再選を支援する意向を表明した。「連帯」が、ボウソナロ大統領の路線支持を表明した社会党のマルシオ・フランサ氏支援を決めたためだ。マルタ氏といえばかつては労働者党を代表する政治家で、ブルーノ氏の祖父は民主社会党の創設者のひとりのマリオ・コーヴァス元サンパウロ州知事。この両党の歴史的対立図式を知っている人からすれば信じられない組み合わせだが、時の経過が為せる技か。
     ◎
 9日のサッカーの全国選手権。サンパウロは本拠地モルンビでのブラガンチーノ戦を1対1で引き分けた。押していただけに勝ちたかったところ。サントスは得点、アシスト共に1位のマリーニョの2得点などで、アトレチコ・ミネイロに3対1で快勝。リオでの注目の人気カード「フラ・フル」は、フラメンゴが2対1でフルミネンセを下した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年9月17日 東西南北  今日17日から、新型コロナウイルスに伴う緊急支援金の通算第6回目の支給がはじまる。これまでのように長蛇の列となって混雑する姿は、今から想像できそう。ところが16日付アゴラ紙によると、それがなくとも、連邦貯蓄(CAIXA)銀行の前には既に行列ができている。それはCAIXAでは、 […]
  • 東西南北2020年9月12日 東西南北  10日、サンパウロ市は今年に入って2番めに高い33・4度を記録した。今年の最高気温は1月27日に記録した33・7度だ。普通、年間の最高気温は夏季の1月もしくは2月に記録されるが、以前から9月もしくは10月に気温が急に高くなることは決して少なくなく、今年も4日に32・5度を記録 […]
  • 東西南北2020年9月9日 東西南北  5日から続いた3連休。予想されていたとはいえ、3日とも天候が良かったところが多かったことで、海岸は全国的に大勢の人でにぎわった。それだけでなく、バーやレストラン、公園でも、人が多く見られた。サンパウロ市などでは5月に、祝日前倒しの「フェリアドン」を導入し、「休みを生かして外に […]
  • 東西南北2020年9月1日 東西南北  「雪が降るのでは」とまで言われ、今年一番の冷え込みとなった先週末から一転、今度は最高気温が30度前後の真夏並の気温となったサンパウロ州。急に来たこの暑さに耐えられなくなったのか、8月30日は、サントスの海岸に海水浴をする人たちが殺到した。これと同じ現象は、お隣のリオ州の海岸部 […]
  • 東西南北2020年8月29日 東西南北  大サンパウロ市圏サンベルナルド・ド・カンポの遊園地「シダーデ・ダ・クリアンサ」が26日、閉園を発表した。1969年設立の同遊園地は、ブラジル内でも最古参の遊園地として有名で、州外からも観光客を集めていた。思い出のある人も少なくないだろうが、経営難に加え、コロナがダメ押しをして […]