ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ボウソナロ大統領「20年F1はリオで」と宣言=インテルラゴスで契約済だが

《ブラジル》ボウソナロ大統領「20年F1はリオで」と宣言=インテルラゴスで契約済だが

 ボウソナロ大統領が8日に突如、「2020年以降のF1はリオで開催」と発言し、毎年F1ブラジルGPを主催しているサンパウロ市インテルラゴス・サーキットの関係者が混乱に陥ったと、9日付現地紙が報じている。
 事の発端は、8日にボウソナロ大統領が「インテルラゴスは公的資金が入っているし、多額の負債もあるから、F1を開催できる状態にはない」とした上で、「リオ市デオドーロに新しいサーキットを建設する。半年もすればできるだろうから、2020年はリオ市でF1を開催する」と語ったことだ。ボウソナロ氏は同日、サーキット建設に関する覚書にも署名している。
 これを聞き、インテルラゴス・サーキットの関係者は一様に驚いた。それは、契約上、2020年までは同サーキットでF1を開催することが決まっているからだ。契約書には更新の可能性も明記されており、2014年からは種々の改修も行われている。
 また、デオドーロのサーキットも、工期は2年とされており、大統領の言った期間とはかなり異なる。
 ブラジルGPは1990年代からずっとインテルラゴスで開催されており、ブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長、ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事共々、契約更新に意欲的だ。現在は差し止められているものの、彼らは同サーキットの民営化にも積極的だ。
 一方、リオ州選出下議だったボウソナロ氏は、13万人収容と大型のデオドーロ・サーキットに強い望みをかけている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ大都市圏》フォードと組合で合意成立=工場閉鎖に伴う解雇者支援で2019年5月1日 《サンパウロ大都市圏》フォードと組合で合意成立=工場閉鎖に伴う解雇者支援で  サンパウロ大都市圏ABC地区の金属労組とフォード社が4月30日に、サンベルナルド・ド・カンポ工場の閉鎖に伴う解雇者への支援に関する合意に達した  会社側の説明によると、工場閉鎖に伴って解雇される従業員には、奨励辞任プラン(PDI)に基づく退職金と、心理面のケア、労組協賛で開 […]
  • 《ブラジル医師審議会》遠隔医療決議書の廃止を決定=地方協議会から批判高まり2019年2月26日 《ブラジル医師審議会》遠隔医療決議書の廃止を決定=地方協議会から批判高まり  ブラジル連邦医師審議会(CFM)は22日、今月初旬に自らが出したばかりの遠隔医療決議書を廃止する事を決めたと、22、23日付現地各紙・サイトが報じている。  遠隔医療決議書は、インターネットやTV電話などを使って、医師と患者が直接会う事なしに、問診、検査から手術の実 […]
  • 《ブラジル》食肉大手のミネルヴァが集団休暇へ=中国への牛肉輸出停止受け2019年6月12日 《ブラジル》食肉大手のミネルヴァが集団休暇へ=中国への牛肉輸出停止受け  食肉大手のミネルヴァが11日、サンパウロ州バレットスの加工工場の職員700人に、17~30日の2週間の集団休暇を与えると発表したと11日付現地紙サイトが報じた。  集団休暇の表向きの理由は施設の保守作業のためとなっているが、実際には、ブラジル政府が中国への牛肉輸出を一時的に […]
  • 《ブラジル》郵便局が161局を閉鎖=業務最適化で職員整理も2019年5月23日 《ブラジル》郵便局が161局を閉鎖=業務最適化で職員整理も  郵便局が7月5日までに、161局を閉鎖する方針を明らかにした。これらの局を閉鎖する理由は、サービス網と労働力の最適化とされている。  閉鎖される局は、場所を借りて運営され、近くに別の局がある局を中心に選ばれた。最も多くの局が閉鎖されるのはリオ州の30局で、リオ市内だけで24 […]
  • 《ブラジル》航空会社アヴィアンカ運航休止で価格上昇=人気路線では1・4倍も2019年5月3日 《ブラジル》航空会社アヴィアンカ運航休止で価格上昇=人気路線では1・4倍も  【既報関連】機体ローンなどの債務不履行による航空機差し押さえにより、アヴィアンカ(A)社の国内便に欠航が相次いでいることで、需要と供給のバランスが崩れ、一部の人気路線では航空券価格がほぼ2・4倍に跳ね上がる現象が発生していると、2日付現地紙が報じた。  航空券価格比較サイト […]