ホーム | ブラジル国内ニュース | 家庭内暴力直後に離婚許可 下院で好意的な評価得、承認

家庭内暴力直後に離婚許可 下院で好意的な評価得、承認

 27日、家庭内暴力を振るわれた被害者が、すぐに離婚を申請することを認める、マリア・ダ・ペーニャ法改正案が下院で承認された。28日付エスタード紙などが報じている。

 この法案の提案者はルイス・リマ下議(社会自由党・PSL)で、「離婚の過程を迅速化し、被害者や子供と加害者との関係を速やかに終わらせることで、被害者と子供を守る」ことを目的としている。この法案は政党リーダーたちからも好意的に受け止められ、緊急課題として扱われた。

 このため、委員会を通す必要もなく、先週から審議がはじまっていた。

 27日はエリカ・コカイ下議(労働者党・PT)が、「家庭内暴力を受けた女性ができるだけ早く男性との関係を解消できるよう」、即座に離婚請求できることを知らせることや、離婚に関する判決を行う際は資産分割問題を扱わなくてもよい(この問題は後日扱えるようにする)ことを盛り込む修正動議を出した。同日、承認された改正案は、これらの修正動議を含んだものだ。

 同法案は今後、上院に回される。上院でも承認され、大統領が裁可すれば、正式に法改正ということになる。

 

 

 

 

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サッカー》リカルド・グラールとエウケソンが中国帰化へ=同国リーグではスーパースター2019年5月31日 《サッカー》リカルド・グラールとエウケソンが中国帰化へ=同国リーグではスーパースター  サッカーの中国スーパーリーグで活躍するリカルド・グラール(27、広州恒大)とエウケソン(29、上海上港)の2人が、中国サッカー連盟からのオファーを受け、中国代表になるべく帰化する準備を進めているという。  他国の代表として帰化するには、対象となる国での5年以上の生活が必要と […]
  • 《ブラジル》最高裁=妊婦らの不健康な労働認めず=改正労働法の最初の見直し2019年5月31日 《ブラジル》最高裁=妊婦らの不健康な労働認めず=改正労働法の最初の見直し  最高裁が29日、2017年に改正された労働法中、妊婦と授乳者に不健康な労働を認めた部分を違憲とした暫定令を承認、同項目を差し止めたと29、30日付現地紙、サイトが報じた。  最高裁が承認した暫定令は、全国金属労働者連合(CNTM)からの訴えを受け、同件報告官のアレッ […]
  • 《ブラジル》食料盗んだ男の家に皆が寄付=子供7人が空腹抱える実態目にし2019年5月31日 《ブラジル》食料盗んだ男の家に皆が寄付=子供7人が空腹抱える実態目にし  ブラジル南部サンタカタリーナ州ノヴァ・ヴェネザ市で、7人の子供を持つ男が隣人の家から食料を盗んで捕まったが、事情を知った警官や被害者、隣人らが、食料品やミルクを寄付するという結末になった。  事件が起きたのは27日で、28日に警察に出向いた被害者が、容疑者の男が住ん […]
  • ロンドンでブラジル人カポエラ教師殺される=バイク強盗団に襲われて2019年5月31日 ロンドンでブラジル人カポエラ教師殺される=バイク強盗団に襲われて  ロンドンで25日午後、現地在住のブラジル人カポエラ教師が暴行を受け、死亡する事件が起きた。29日までに容疑者2人が逮捕されている。30日付ブラジル国内紙などが報じている。  殺害されたのはイデルヴァル・シウヴァさん(46)で、バイクを狙う集団強盗団に襲われ、病院に運ばれたが […]
  • 《ブラジル》国内難民の多くが平均より高学歴=大卒者が3分の1以上2019年5月31日 《ブラジル》国内難民の多くが平均より高学歴=大卒者が3分の1以上  国連の難民高等弁務官事務所(UNHCR)が行った、「ブラジル在住難民たちの社会的、経済的実態調査」が30日に発表されたと、同日付現地各紙・サイトが報じた。  多くの難民はブラジル人の平均を上回るレベルの教育を受けているが、自国での学位が認められず、労働市場で自分の専 […]