ホーム | Free | 大耳小耳

大耳小耳

 俳誌『朝蔭』第473号が3月に刊行された。《爪に泥ためて農婦のお元日》(小村広江)の作者は富有柿で知られるピエダーデ在住。爪に入り込んだ泥は農家の勲章?! 《初刷の新聞待つも楽しみに》(湯田南山子)からは、邦字紙が年末から3日まで休刊になる間のじれったさが伝わってくる。邦字紙冥利に尽きる作品。《除夜の鐘合図に上る花火かな》(秋吉功)。テレビのNHK番組『行く年来る年』で除夜の鐘の音を聞いたと思ったら、モジでは深夜に盛大に花火が上ったようだ。日本とブラジルの大晦日を一度に満喫か。《八十坂腰をのばして鍬始》(有田キヨメ)。「書初め」ならぬ「鍬始」という言葉からは、一生涯農民という誇りが伺われる。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年5月31日 大耳小耳  『ブラジル岐阜県人会便り』4月号を見ていたら、ブランド総合研究所の「都道府県出身者による郷土愛ランキング」では16年度の愛着度部門で47都道府県中、岐阜県は45位、18年度は44位なんだとか。そんな郷土愛の危機、由々しき事態に対して、長屋充良会長が《提言「第1回岐阜県人世界大 […]
  • 大耳小耳2019年5月29日 大耳小耳  最近本紙でも座談会を連載した「終活」だが、本日午後1時から援協本部ビル(Rua Fagundes, 121, […]
  • 大耳小耳2019年5月28日 大耳小耳  本紙PDF版読者から、ときどき「PDF版を開くと途中から文字化けする」との苦情が複数とどく。詳しい人と相談すると、どうも、ウィンドウズ10で搭載されたブラウザー『Edge』からPDF版を開いたときに、特にその症状が現れやすいようだ。このブラウザーが未完成で、日本語PDFを開く […]
  • 大耳小耳2019年5月25日 大耳小耳  ジャパン・ハウス(Avenida Paulista, […]