ホーム | コラム | 樹海 | 《記者コラム》ブラジル・サッカー「12強時代」の終わり

《記者コラム》ブラジル・サッカー「12強時代」の終わり

ボタフォゴの試合の模様(Lucas Uebel)

ボタフォゴの試合の模様(Lucas Uebel)

「ついに“12強時代”は終わってしまうんだな」。今季のサッカー全国選手権を終えるにあたり、コラム子はそう思わずにはいられない。
 来季の全国選手権2部にはすでにクルゼイロがいて、現在1部最下位のボタフォゴが降格して名前を連ねることが確実視されており、そこにヴァスコ・ダ・ガマが加わる公算が高まっているからだ。
 ヴァスコに関しては25日の最終戦で勝てば勝ち点で16位のチームに並ぶ可能性はある。だが、1試合で7点も差がある得失点差を逆転するのは、余程のことがない限り困難だから、居残りはかなり難しい。
 クルゼイロ、ボタフォゴ、ヴァスコ。いずれもサッカー史に残る名選手を多く輩出したことで有名で、いずれも全国選手権の制覇経験があり、クルゼイロとヴァスコに至っては南米一の経験さえある。そんな名門がこぞってこの苦境だ。
 クルゼイロは2013、14年の全国選手権2連覇が嘘のように20年から2部降格。1年で再昇格を狙うもまさかの11位で2年連続で2部の屈辱。
 ボタフォゴは2015年に2部に降格した際は優勝で再昇格したが、わずか5年で今年はぶっちぎりの最下位。ヴァスコもここ12年で4度目の2部降格だ。
 伯国のサッカー史で“12強”常連のうち3チームが2部で戦うことになるのは史上はじめてだ。
 全国選手権1部に参加する20チームのうちでも、12強という存在は特別だった。
 それは聖州のコリンチャンス、パルメイラス、サンパウロ、サントス、リオのフラメンゴ、フルミネンセ、ヴァスコ、ボタフォゴ、ベロ・オリゾンテのクルゼイロとアトレチコ・ミネイロ、ポルト・アレグレのグレミオとインテルナシオナルの12チームのことだ。
 資金に恵まれた大都市に拠点を置く12強は、これまで「戦力拮抗し」、「時期によって強いチームがまちまち」というイメージを作っていた。
 これは、今や特定のビッグ・クラブばかりが常時強いスペインやイングランドをはじめとした欧州のサッカーでは見られなくなっていた光景だった。
 だが、国際的なサッカーのビッグ・ビジネス化は伯国でも避けられなくなってきた。ここ数年はフラメンゴ、パルメイラスの安定した強さが際立つようになってきている。
 両チームともに、欧州リーグ経験選手や外国人指導者との契約、ジュニアの育成資金、いずれにおいても他を圧倒し始めており、それがチームの成績に直結している。12強と呼ばれたチームの中でも確実に格差は生じつつある。
 こうした流れの中、2部落ちした3チームは復活を遂げることが果たしてできるのか。
 あるいはアトレチコ・パラナエンセやフォルタレーザのような他の地方大都市のチームや、ブラガンチーノのような裕福な企業がバックについた新興チームが台頭するのか。そこも含めて見ものだ。(陽)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年4月20日 東西南北  16日午後、政治団体「ブラジル自由運動(MBL)」を代表する政治家のキム・カタギリ下議や、サンパウロ州議のアルトゥール・ド・ヴァル、リカルド・メロンの両氏が、大サンパウロ都市圏グアルーリョス市の総合病院を訪れ、17日朝、サンパウロ州保健局が「侵入行為を行い、入院患者たちを危険 […]
  • 東西南北2021年4月17日 東西南北  サンパウロ州で13日、インフルエンザの予防接種を受けに来た人に、コロナワクチンを誤って接種するというミスが発生した。発生したのは内陸部イチラピナ市で、46人がコロナワクチンの接種を受けた。内訳は成人18人に子供28人で、成人のうち2人は妊婦だ。子供へのコロナワクチンの接種は、 […]
  • 東西南北2021年3月6日 東西南北  世界的にも有名なブラジルの音楽フェスティバルで、今年9月に開催予定だった「ロック・イン・リオ」が、来年まで延期されることが4日に発表された。1985年にはじまったロック・イン・リオは、ロック・フェスの先駆け的存在で、2011年以降は奇数年に開催。毎回、50万人近い動員を記録し […]
  • 《ブラジル》サッカー全国選手権 フラメンゴが2年連続V=判定に泣いた2位インテル2021年2月27日 《ブラジル》サッカー全国選手権 フラメンゴが2年連続V=判定に泣いた2位インテル  25日、サッカーの全国選手権の最終節が行われ、フラメンゴが2年連続7回目の優勝を飾った。26日付現地紙が報じている。  この日は同選手権最終節のため、例年通り、全10試合が同時刻に一斉スタート。21時30分にキックオフした。  優勝がかかっていた首位フラメンゴはこ […]
  • 東西南北2020年11月14日 東西南北  明日15日はいよいよ統一地方選の投票日だ。投票所に人が群がることでコロナウイルスの感染を気にする人も少なくはないだろう。だが、選挙高裁はすでに「コロナ禍を恐れることは、国民の投票義務回避の理由にはならない」との見解を示している。選挙当日、発熱その他のコロナの兆候を示すものがあ […]