ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

 以前、何年前ごろといっていいのか、日本側がつくる、ブラジルやブラジル人に向けて来る広報パンフレットで、ポ語を使用したものは極めて珍しかった。それは、英語であったり、スペイン語であったりした。要するにブラジルは重くみられていなかったのである。もどかしい思いをした▼ポ語との縁が浅いといえば、外国語大学でポルトガル語学科が設けられていても、学生を隔年募集していた時代もあった。〃ポ語屋〃は少しでよかったのか▼七〇年代の初めころ〃ブラジルの奇跡〃がいわれて、日本企業がどっと進出したあたりから、パンフは、英語はもちろん、スペイン語でもなくなり、ポ語が常識になった。日本で印刷され、ブラジルに持ち込まれたのではなく、ブラジルで作成されたものが多かった▼日伯間の経済・技術の交流、協力が細っても、ポ語広報はもう後退しない。最近、海上自衛隊練習艦隊がサントスに寄港して、見学者が訪れた際、『かしま』側はポ語パンフを配布した。日本人高齢者には日本語がよかったが、もちろん、一般ブラジル人を念頭においたもの。キメ細かいサービスというべきだろう▼それにしても皮肉なものだ。日伯関係が熱く、緊密になろうとするころ、ポ語広報はお粗末で、ひと山越した?辺りから正常な姿になっている▼「必要」が、ものごとを進めるが、日本の宗教の進出でもそれがいえた。ブラジル人への布教には不可欠とみて、ポ語のオリエンタソンや解説書の発行が行われたのである。 (神)

04/07/30

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年5月7日 東西南北  人気コメディアン、パウロ・グスターヴォのコロナ死は国民に強いショックを与えており、いまだに話題が絶えない。アゴラ紙などが報じたところによると、パウロは生前コロナ対策のために、判明しているだけで130万レアルの寄付を行っていたという。たとえば、昨年4月にバイア州の保健機関への5 […]
  • 安慶名栄子著『篤成』(2)2021年5月7日 安慶名栄子著『篤成』(2)  私は安慶名栄子から、この本を沖縄の親戚の皆さんに父の足跡を知って頂きたく日本語に翻訳したい、という相談を受け、早速宮原ジャネ朋代にお願いして出来上がった翻訳文を一気に読みました。いや、引き込まれるように読み続けずにはおれませんでした。読み終わって後も感動の波が私の胸の中に波打 […]
  • 東西南北2021年5月6日 東西南北  サンパウロ市シリオ・リバネス病院に入院し、癌闘病中のブルーノ・コーヴァス聖市市長は4日、胃の出血が止まった後に移った高度治療室から、SNSを通じてメッセージを発信した。同市長は「私には、あらゆる障害に打ち勝っていくとの確信がある」と宣言し、傍で見守る長男のトマス君(15)と固 […]
  • 『篤成 俺は世界一幸せな爺さんだ』=無名の英雄物語、掲載開始2021年5月6日 『篤成 俺は世界一幸せな爺さんだ』=無名の英雄物語、掲載開始  本日から新しいノンフィクション小説『篤成(あつなり) […]
  • ■訃報■ブラジル浪曲協会元会長 樋口四郎さん2021年5月4日 ■訃報■ブラジル浪曲協会元会長 樋口四郎さん  「ブラジル浪曲協会」最後の会長、浪曲名人「月若(つきわか)」としてならした樋口四郎さん(福岡県)が、4月30日15時30分に聖州カンピーナス市内の自宅で亡くなった。行年85歳。1日に家族と知人のみで告別式を行い、同市内の墓地「Cemitério Parque […]