ホーム | ブラジル国内ニュース | (リオ市)クリヴェラ市長罷免審理へ 不正な契約更新めぐる問題で

(リオ市)クリヴェラ市長罷免審理へ 不正な契約更新めぐる問題で

 2日、リオ市議会がマルセロ・クリヴェラ市長の罷免審理を始めることを決めた。今後の審理で同市議の3分の2が賛成すれば、同市長は罷免されることになると、3日付現地紙が報じている。

 同市長の罷免請求は、昨年の12月に、今年で期限が切れる二つの事業契約を入札も行わずに20年間延長したことに対する疑惑が発端だ。不正更新されたのは、バス停と時計を利用した広告業務の契約だった。

 更新規定がない契約が入札もなく更新されたことを不正行為とする訴えは市財務局職員から起きた。それをリオ市議会が35対14で受け付け、市議会で罷免審理を始めることになった。

 罷免審理はクリヴェラ市長への通達後、90日以内に行われる。議会の3分の2以上(51人中34人)が罷免に賛成票を投じれば、同市長の罷免が成立する。

 クリヴェラ氏は今回の件は事実無根だとし、契約更新についても「財務局の薦めに従っただけ」と主張している。

 クリヴェラ氏は、2017年に同議会でIPTUの値上げ法案を通過させた際、連立与党の支持を大幅に失っており、それ以降、議会での立場を悪くしている。

 同市長に対しては、今回の不正更新によるもの以外にも、複数の罷免請求が出されている。

 

 

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》史上最悪、殺人犠牲者6万5千人=北部、北東部での増加目立つ2019年6月6日 《ブラジル》史上最悪、殺人犠牲者6万5千人=北部、北東部での増加目立つ  応用経済調査院(IPEA)とブラジル治安フォーラムが5日、17年の殺人事件の犠牲者は6万5602人、人口10万人あたり31・6人で、史上最悪の記録となったと発表したと5日付現地紙サイトが報じた。  この数字は保健省の統計資料を基に集計されており、13年~17年の死者 […]
  • リオ州=インフルエンザで28人死亡=予防接種の期間が延長される2019年6月6日 リオ州=インフルエンザで28人死亡=予防接種の期間が延長される  リオ州保健局は5日、今年に入ってからこれまでに州内で発生したインフルエンザ患者は105人で、内28人が死亡しと発表した。同日付アジェンシア・ブラジルが報じた。  これは昨年全体の死者数30人にほぼ匹敵する(昨年の年間罹患者数は233人)。  保健局によると、死者の […]
  • 《ブラジル》ボウソナロ大統領=免停ポイントを2倍に緩和?=道路交通法改正法案を提出2019年6月6日 《ブラジル》ボウソナロ大統領=免停ポイントを2倍に緩和?=道路交通法改正法案を提出  ボウソナロ大統領は4日、下院に道路交通法修正法案を提出した。その法案では免停までのポイントが従来の20点から40点に大幅に緩和されるなど、交通事故の増加が懸念される内容となっている。5日付現地紙が報じている。  この修正法案では、免停までのポイントが2倍になるだけでなく、6 […]
  • ボウソナロ大統領の熱烈支援歌手が自殺=死の直前に妊娠中の愛人に暴行2019年6月5日 ボウソナロ大統領の熱烈支援歌手が自殺=死の直前に妊娠中の愛人に暴行  昨年の大統領選挙期間中、当時大統領候補だった現大統領のジャイール・ボウソナロ氏のキャンペーン・ジングルも担当したことで知られていたファンキ歌手のMCレアサ(26)が1日、サンパウロ州ヴァリーニョスで遺体で発見された。  タレス・ヴォルピ・フェルナンデスことレアサは、1日夜、 […]
  • 《サンパウロ市》鉄道停止件数が37%増加=11年以降で最悪の数字に2019年6月5日 《サンパウロ市》鉄道停止件数が37%増加=11年以降で最悪の数字に  施設老朽化なども原因か、1~4月のサンパウロ市の地下鉄と郊外電車(CPTM)の停止件数が、昨年同期比37%増の52件に達した。この数字は、2011年の情報公開法の発効後、最悪となっている。  機関別の運行停止件数は、地下鉄34件、CPTM18件(昨年同期は32件と6 […]