ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ州グアラレマ市=捜索継続でさらに6人逮捕=「裏に大型組織」と警察

サンパウロ州グアラレマ市=捜索継続でさらに6人逮捕=「裏に大型組織」と警察

 【既報関連】4日未明にサンパウロ大都市圏グアラレマ市で発生した銀行強盗未遂事件では、容疑者11人が死亡し、10人以上が逃亡した。逃亡者の捜索は翌5日も続き、昼過ぎまでに強盗関与容疑者4人、逃亡幇助容疑者2人の計6人が逮捕されたと、5日付伯字各紙・サイトが報じた。

 5日に捕まったのは、強盗関与容疑の男性1人と、森に逃げ込んだ容疑者を助けようとしていた2人の女性だった。

 サンパウロ州軍警のアルヴァロ・カミロ大佐は、銀行の自動支払機を破壊し、金を奪おうとした集団は合計20~25人との見解を前日より継続した。

 4日午前3時頃に銀行支店で爆発が起きた時、警戒に当たっていた警察は現場に急行した。サンパウロ州保安局によると、追跡と銃撃戦は市内5カ所で発生。作戦には特殊戦術行動グループ(GATE)と巡回機動隊(ROTA)、特別作戦コマンド(COE)らの精鋭が参加した。

 警察は、強盗集団は金を奪う事に失敗したとも発表。今回犯行に及んだグループは、少なくとも9カ月以上前からソロカバ地方の組織犯罪対策特別班がマークしていた。

 事件の捜査はサンパウロ州市警の組織犯罪捜査課(Deic)が行う。アダウベルト・バルボーザ警部は、「強盗を試みた20数人のグループの背後に、より大きな組織が存在する事に疑いの余地はない」と語っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》鉄道停止件数が37%増加=11年以降で最悪の数字に2019年6月5日 《サンパウロ市》鉄道停止件数が37%増加=11年以降で最悪の数字に  施設老朽化なども原因か、1~4月のサンパウロ市の地下鉄と郊外電車(CPTM)の停止件数が、昨年同期比37%増の52件に達した。この数字は、2011年の情報公開法の発効後、最悪となっている。  機関別の運行停止件数は、地下鉄34件、CPTM18件(昨年同期は32件と6 […]
  • 《ブラジル》6人の遺体帰国、埋葬へ=チリで死亡したブラジル人家族2019年6月4日 《ブラジル》6人の遺体帰国、埋葬へ=チリで死亡したブラジル人家族  【既報関連】5月22日にチリのアパートで死亡したブラジル人の家族6人の遺体が3日朝、サンチアゴを出立した。6人の葬儀と埋葬は、4日にサンタカタリーナ州フロリアノポリス大都市圏のビグアス市で執り行われる。  遺体での帰国となったのは、ファビアノ・デ・ソウザ氏(41)、 […]
  • 《ネイマール》突如沸いた強姦疑惑=潔白証明投稿で更なる罪も?2019年6月4日 《ネイマール》突如沸いた強姦疑惑=潔白証明投稿で更なる罪も?  サッカー・ブラジル代表のネイマールにパリで強姦されたと、ブラジル人女性が5月31日、サンパウロ市第6警察署に被害届を出し、コパ・アメリカを直前に控えたチームに激震が走っていると、2~4日付ブラジル各紙・サイトが報じた。  届けによると、女性は、写真共有アプリ、インス […]
  • 《サンパウロ市》ビリェッテ交換で長蛇の列=有効期限は9月末まで延長2019年6月1日 《サンパウロ市》ビリェッテ交換で長蛇の列=有効期限は9月末まで延長  サンパウロ市交通局(SMT)が5月23日に無記名のビリェッテ・ウニコ(以下BU)を記名式のものと交換する期限を9月30日に延ばしたのに、BUを取り替えようとして窓口に並ぶ人が長蛇の列をなしていると5月28日付G1サイトや同30日付アゴラ紙が報じた。  SMTが4月の […]
  • 《ブラジル》約100市で2度目の教育デモ=主張の強さは変わらず=教育相はデモ扇動の教師批判2019年6月1日 《ブラジル》約100市で2度目の教育デモ=主張の強さは変わらず=教育相はデモ扇動の教師批判  5月30日、5月15日同様、「連邦大学への支出3割削減」など、教育省の支出削減方針に反対するデモが行われた。1回目のデモより人は少なかったが、全国の100市近くで主張を強めて行った。5月31日付現地紙が報じている。  今回のデモは2回目ということもあり、その規模は、 […]