ホーム | ブラジル国内ニュース | リオ市=路上生活者が死傷事件起こす=2人が死亡、負傷者も5人

リオ市=路上生活者が死傷事件起こす=2人が死亡、負傷者も5人

 リオ市南部のラゴア区で28日、路上生活者が錯乱状態に陥り、停車中の車の運転手ら3人を刃物で刺すという事件が起きた。
 目撃証言によると、プラシド・コレア・デ・モウラ容疑者(44)は、事件当時、精神に異常をきたし、意味不明な言葉を叫んでいたという。
 防犯カメラの映像によると、同容疑者は車に近づくと、運転していたジョアン・フェリス・デ・カルヴァーリョ・ナポリ氏(35)に喧嘩を吹きかけ、彼を刺した後、ナポリ氏を助けようとして車を降りた恋人のカロリーネ・モウチーニョ氏にも切りつけた。
 それを見たナポリ氏はモウチーニョ氏を助けようとして車を降りたが、容疑者ともみ合い、腹部を刺された。ナポリ氏は走って逃げようとしたが、路上に倒れた。
 モウチーニョ氏は反対方向に逃げ、助けを求めた。モウチーニョ氏らからの通報を受け、警察や消防も駆けつけたが、ナポリ氏は助からなかった。また、モウチーニョ氏は手と腹を刺され、病院に運ばれた。
 モウラ容疑者は駆けつけた警官との交渉には応じず、ナポリ氏を助けようとしていた消防士や通行人らの群れに突進。彼の接近を阻もうとした体育教師のマルセロ・エンリケ・コレア・レイス氏(39)は容疑者に刺されて即死した。
 警官は当初、テーザー銃で同容疑者の動きを止めようとしたが、レイス氏を襲った容疑者が警官達にも襲いかかろうとしたため、同容疑者の足を狙って実弾を発射。両足を撃たれて動きが止まった容疑者は、その後に逮捕された。
 容疑者は頭部にもかすり傷を負ったが、命には別状はない。救助に駆けつけた消防士1人も足に被弾した他、消防士1人と軍警1人が銃弾の破片で負傷した。消防士1人と軍警は軽傷で済んだ。
(29日付G1サイトなどより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》11~20年は失われた10年に=コロナ禍が景気後退決定づける2020年6月27日 《ブラジル》11~20年は失われた10年に=コロナ禍が景気後退決定づける  ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)が26日、2011~20年のブラジルの経済は、「景気後退の10年間」で、1980年代を超える「失われた10年」となると発表した。  FGVブラジル経済研究所(Ibre)のマルセル・バラシアノ氏の試算によると、国際通貨基金(IMF)が先日発 […]
  • 《ブラジル》確定申告は30日まで=コロナ禍で申告期間延長中2020年6月24日 《ブラジル》確定申告は30日まで=コロナ禍で申告期間延長中  コロナウイルスの感染拡大で経済活動などが止まった事を受け、2019年の所得に関する確定申告期間を今月30日まで延長しており、未申告者は急いで申告するよう国税庁が促している。  確定申告は通常、4月末日までに行わなければならないが、今年はコロナ禍のために申告期間が延長された。 […]
  • 《サンパウロ州》学校の再開は9月8日から=最初は35%の授業参加で2020年6月26日 《サンパウロ州》学校の再開は9月8日から=最初は35%の授業参加で  新型コロナウイルスで休校になっていた学校再開をめぐり、サンパウロ州は9月8日から段階的に再開との計画を、24日に発表した。24日付伯字サイトなどが報じている。  サンパウロ州政府が発表したところによると、授業再開は9月8日から。その頃までには州内のどの地域も、外出規制緩和の […]
  • 《ブラジル》コロナ感染者知っている人は52%=国民の大半が身近に2020年6月4日 《ブラジル》コロナ感染者知っている人は52%=国民の大半が身近に  【既報関連】5月25~26日に行われたダッタフォーリャの世論調査によると、回答者の52%が「コロナウイルスに感染した人を知っている」と答えたと2日付G1サイトが報じた。  2069人への電話アンケートの結果、「コロナウイルスに感染した人を知っている」と答えたのは52%で、「 […]
  • 《サンパウロ》州立大学の後期の講義は全て遠隔=応用部門は来年に繰り越し2020年6月19日 《サンパウロ》州立大学の後期の講義は全て遠隔=応用部門は来年に繰り越し  【既報関連】新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛令が出て以来、学校では通常の授業ができず、休暇の前倒しやオンライン授業で内容や履修時間数を補っている中、サンパウロ州立の大学3校は後期の講義はオンラインのみとする事を決めたと18日付現地紙が報じた。  この決断は、サンパウロ […]