fbpx
ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル中西部》農業州で不動産開発進む=豊作が後押し、アパートも好調=「石油産業系の都市より良い」と開発業者

《ブラジル中西部》農業州で不動産開発進む=豊作が後押し、アパートも好調=「石油産業系の都市より良い」と開発業者

好調な農業生産が、周辺都市の不動産開発も促進している。(参考画像・Kleiber Arantes/Secom)

好調な農業生産が、周辺都市の不動産開発も促進している(参考画像・Kleiber Arantes/Secom)

 2017年の不動産購入開発を目的とした融資額は、ブラジル全体では平均で前年比7・4%減だったが、マット・グロッソ州やマット・グロッソ・ド・スル州などの農業が主要産業の州では逆に融資が伸びている事が分ったと、1月31日付フォーリャ紙が報じた。ブラジル貯蓄・不動産信用機関協会(Abecip)の調査。
 州・連邦直轄区別で全国トップのマット・グロッソ州は10%増、マット・グロッソ・ド・スル州は4%増で、3位トカンチンス州が3%増だった。市場規模としては最も大きいサンパウロ州が6%減、リオ州は3%減だった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ