ホーム | ブラジル国内ニュース | 《リオデジャネイロ市》兵士たちが市民の車を強盗と誤認、80発の銃弾打ち込む

《リオデジャネイロ市》兵士たちが市民の車を強盗と誤認、80発の銃弾打ち込む

「いっそのこと、夫と一緒に死にたかった」と嘆く被害者の妻(Tania Rego / Ag.Brasil)

 リオ市北部グアダルーペで7日午後、陸軍兵士たちが犯罪者の車と誤認し、一般市民が乗る乗用車に80発以上の銃撃を浴びせ、運転していた音楽家のエヴァウド・ローザ・ドス・サントスさんが死亡、義父のセルジオ・アラウージョさんら2人も負傷する事件が発生。翌8日には10人の兵士が逮捕されたと、8、9日付現地各紙・サイトが報じた。

 ドス・サントスさんは家族と共に出産前祝いのパーティーに行く途中、グアダルーペで発生した強盗犯を追っていた軍警とすれ違った。目撃証言によると、兵士らは検問を行っていたわけでも、ドス・サントスさんの車に停止命令を出したわけでもなかった。

 強盗犯と車の色が同じだったというだけでドス・サントスさんの車を犯人の車と誤認した兵士たちは、警告も出さず、いきなり銃弾の雨を降らせた。ドス・サントスさんは背中に3発の弾を受け、ハンドルに寄りかかるように倒れこんだ。助手席に乗っていたアラウージョさんも負傷し、病院に運ばれたが、状態は安定している。

 後部座席には、妻のルシアナ・ノゲイラさんと息子のダヴィ君、夫妻の友人の計3人が乗っていたが、怪我はなかった。

 銃撃は車が停まっても止まなかった。その中をルシアナさん、ミシェッレさん、ダヴィ君は命からがら、這って車から出た。近隣住民が3人を助けたが、その内の1人のルシアノ・マセドさんは重傷を負い、入院中だ。

 ルシアナさんは8日、現地マスコミに囲まれながら、「兵士たちは銃撃をやめなかった。私は手を頭に当てて、夫を撃たないでと必死に頼んだけど、兵士たちは何もしてくれなかった」と語った。ルシアナさんはさらに、「撃ちながら彼らは笑っていた。『人殺し』と叫んでもニヤニヤ私たちをからかってきた」としている。

 7日の事件当初、陸軍の東部司令部は、「兵士たちは犯罪者たちから攻撃されて、反撃した」と発表したが、捜査や証言とつじつまが合わなくなり、後になってそれを覆した。

 陸軍司令部は8日、12人の兵士が事件に関与していたとし、内10人を現行犯逮捕したと発表した。事件の捜査や裁判は軍法廷が担当する。

 社会的不平等の解消、多様性尊重問題に取り組む非政府組織、宗教研究所(Iser)の調査員ペドロ・ストロンゼンベルギ氏によると、「犯罪者である、兵士にとっての脅威になるとの確信もないままに80発もの銃弾を浴びせるのは暴挙としか言いようがない」と語っている。

 また、事件に関与した兵士らの名前は公開されておらず、担当弁護士もわかっていない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年11月26日 東西南北  コロナウイルスの感染が再び拡大し、恐れられている今日この頃。25日付アゴラ紙によると、そうした状況にも関わらず、サンパウロ市内では夜間、バーやレストランでマスクもしないで人が密集している状況が見られるという。この現象は、10月10日に市がバーの営業を午後11時まで認めた頃から […]
  • 特別寄稿=29日は市長の決戦投票日=成るか左翼の政権奪還=サンパウロ市在住  駒形秀雄2020年11月25日 特別寄稿=29日は市長の決戦投票日=成るか左翼の政権奪還=サンパウロ市在住  駒形秀雄  今週末29日(日曜日)には、サンパウロ市を含む全国の市長を決める決戦(第二次)投票が行われます。  「何だ、たかが地方の市長選挙か」と侮ってはいけません。  サンパウロ市の場合、800万人の有権者が参加する大選挙なのです。  選挙前の予想を覆して現在、決選投票に残ったの […]
  • 本村末廣氏子孫の消息求む2020年11月24日 本村末廣氏子孫の消息求む  小川和久氏(静岡県立大学特任教授)は、母親・フサノさんの伝記執筆を考えており、そのために母親と共に移住した本村末廣氏(もとむら・すえひろ、熊本県出身)の消息情報や子孫の連絡先を探している。  小川氏の母・フサノさんは親戚の本村さん夫妻と、1917年4月20日日本発、6月15 […]
  • 東西南北2020年11月14日 東西南北  明日15日はいよいよ統一地方選の投票日だ。投票所に人が群がることでコロナウイルスの感染を気にする人も少なくはないだろう。だが、選挙高裁はすでに「コロナ禍を恐れることは、国民の投票義務回避の理由にはならない」との見解を示している。選挙当日、発熱その他のコロナの兆候を示すものがあ […]
  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]