ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》大統領府=250の大統領令の取消を宣言=官僚機構の簡素化狙い

《ブラジル》大統領府=250の大統領令の取消を宣言=官僚機構の簡素化狙い

 ボウソナロ政権は、政権発足から100日を期に、1889年から今日までに出された大統領令の内、実情に合っておらず、現場を混乱させている、または有効性を失っているものなど、およそ250の大統領令を取り消していくと、10日付現地紙が報じた。
 “レヴォガッソ”(「一斉取り消し」の意)と名づけられたこのオペレーションは、政権発足100日を記念する11日の式典と同時にスタートする。担当者たちは今日まで、過去に出された大統領令約3万件の分析を行ってきた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ