ホーム | Free | JHで酒のセミナー=酒の美味しさと美しさ、26日から

JHで酒のセミナー=酒の美味しさと美しさ、26日から

来社した一行

来社した一行

 ジャパン・ハウス(マルセロ・マトア・アラウジョ館長、以下JH)主催の酒セミナー、「酒の美味しさと美しさ」が今月26、27両日の午後7時から同館の1階セミナールーム(Avenida Paulista, 52)で開催される。
 大和川酒造店、ニッポン・ベビーダス社(川添博社長)、福島県人会(今井マリーナゆみ会長)が協力。先着順、整理券配布は午後6時から。
 JHでは過去3回にわたり好評だった“酒”をテーマとするセミナー。今回は日本の福島県の大和酒造店から講師の佐藤和典社長、武藤啓一海外営業部長を招き講演する。
 セミナーでは、同店で米作りから酒造りまで一貫して行なっているブランド『弥右衛門』の純米大吟醸スパークリング酒、大吟醸酒、純米辛口酒、本醸造寒造りの4種類の紹介も。
 JHのアリネ・デ・ソウザさんは「日本食文化はブラジルでも人気が高く、日本酒もブラジル人に見せたいものの一つ」と語る。昨年の8月にJHの栗田クラウジオさんが川添社長に企画を話し、大和酒造に繋げたことで今回の講演が実現した。
 ブラジルではピンガの代わりに酒を使った「サケピリーニャ」が人気だが、日本酒をそのまま味わう飲み方はまだ定着していない。「最初サケピリーニャから入り、そのまま飲んでみたいとなるのが一般的」と栗田さん。
 来社した栗田さん、ソウザさん、川添社長、福島県人会の曽我部威事務局長は「透き通るようなお酒の色の美しさや美味しさなど、日本酒の奥深さを知る良い機会。是非お越しいただければ」と呼びかけている。
 18歳以下の入場は保護者同伴でも不可。受付では身分証明書の提示が必要。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 中島宏著『クリスト・レイ』第82話2020年11月27日 中島宏著『クリスト・レイ』第82話  上塚が新たに植民地を創設するという話があちこちの地方の日本人移民たちに伝わると、多くの希望者たちが競うようにして集まって来た。その中には、今村の隠れキリシタンの人々も含まれていた。前述したように、この時点での移民たちは、まだ余裕などなく、分譲地であるにしても、それを即金で払え […]
  • JH=新機軸「日伯散策」12月6日=日伯所縁の地を歩いて巡る=125周年「生中継を視聴して」2020年11月24日 JH=新機軸「日伯散策」12月6日=日伯所縁の地を歩いて巡る=125周年「生中継を視聴して」  日伯外交樹立125周年を記念して、ジャパン・ハウス(エリック・クルッグ館長)は12月6日午前10時から「カミーニョス・ブラジル・ジャポン」(日伯散策)を開催する。サンパウロ市の日本移民や日本文化に所縁のある場所を歩いてたどりながら、それをオンライン(https://w […]
  • JHオンライン=日本人ミュージシャン紹介=オンライン独占演奏ライブ2020年11月18日 JHオンライン=日本人ミュージシャン紹介=オンライン独占演奏ライブ  ジャパンハウス(JH、エリック・クルッグ館長)はオンラインで多角的な視点から日本文化を発信する企画「#JHSPONLINE」の新プログラムを発表した。  文化プロデューサーで音楽研究家であるチコ・ダブ氏が日本人音楽家の中でも特に興味深いと注目した3人を招き、独占演奏ライブを […]
  • 中島宏著『クリスト・レイ』第76話2020年11月17日 中島宏著『クリスト・レイ』第76話  やっと手に入っても、満足するような量はなく、おまけにその価格は驚くほど高いものであった。しかし、背に腹は代えられず、とにかく入手できるものはすべて購入し、マラリアに罹った人々に与えた。それによって小康状態を保ち、徐々に回復して行く人々もいたが、それでも犠牲者の増加は後を絶たず […]
  • ジャパンハウスすでに再開=衛生強化、段階的に営業拡張2020年10月28日 ジャパンハウスすでに再開=衛生強化、段階的に営業拡張  20日(火)、聖市のジャパンハウス(JH、エリック・アレシャンドレ・クルッグ館長)が再開された。政府衛生局が示す感染対策ガイドラインを遵守した上で、サンタクルス病院の感染症課へ指導を依頼して更なる安全強化へ取り組んでいる。  前日の19日には、ユクルッグ館長やナター […]