ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ市》6歳少女がアパートから転落死=母親を探し誤って窓から?

《サンパウロ市》6歳少女がアパートから転落死=母親を探し誤って窓から?

 26日朝9時半ごろ、サンパウロ市西部で6歳の女の子が高層アパートから転落する事故が起き、救急車で運ばれたが助からなかった。26日付現地サイトが報じている。
 事故が発生したのは26日午前9時30分頃、オザスコ市と境を接するヴィラ・チラデンテス地区。アパートの推定で7〜9メートルの高さからから、6歳の女の子が地面に落ちた。

 少女は転落時に心肺停止を起こし、救急車でサンパウロ総合大学構内の病院に運ばれたが、午後5時に軍警が死亡を確認した。
 警察によると、母親は事故の直前、彼女が寝入っているのを確認した上で門番のところまで出かけており、母親が出かけた直後に目覚めた女の子が、母親を探そうとして洗濯場にある浴室の窓から落ちたと見られている。

image_print

こちらの記事もどうぞ