ホーム | コラム | 樹海 | 自然の脅威と人間の無力さ

自然の脅威と人間の無力さ

 8日夜、リオ市を襲った雨は22年ぶりの豪雨となり、10人の犠牲者を出した。今回の豪雨では、土砂や倒木、車まで巻き込んで流れる濁流のすさまじさや、土砂崩れで倒壊する家屋を映す映像などに何度も息をのんだ▼特に衝撃的だったのは、娘夫婦の旅行中、孫を預けられた女性が、女児を連れてフェスタに行き、タクシーで帰宅する途中、土砂崩れで立ち往生する間に落石も起き、運転手も含めた3人が死亡したケースだ。ショッピングセンターのカメラの映像で二人が乗ったタクシーの車種を調べ、GPSの履歴で所在地を突き止めた知人らは、消防より先に現場に着き、土砂などの撤去を始めた。現場付近では9日朝、土砂崩れがあったと知らされて逃げた人達が置き去りにした車の撤去作業が行われたが、誰も土砂の下に別の車がある事に気づかなかったのだ▼ニーマイヤー大通りを埋め、隣接する自転車専用道を破壊した土砂や樹木は大通り脇の斜面を雪崩れ落ちたものだったし、胸まで水に浸かるほどの洪水も自然の脅威のごく一部だ。クリヴェラ市長は、警戒雨量に達して警報が鳴り出す前に土砂崩れが起き、犠牲者が出たレメ区などに言及し、自然災害対策にミスがあった事を認めると共に、記録的な豪雨は地球温暖化によるものとの見解も表明した▼歴代知事が汚職で逮捕されたりしているだけに、公的な資金が底をつき、国に対する負債も山積している中で、対策費が不足している事は理解出来る。だが、粋を凝らし、技量を誇った自転車専用道が再崩落し、警報も機能しなかった事などは、自然と共生する事を忘れた事や、自然の脅威の前の人間の無力さを鮮明に見せ付けた。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 大統領選に立候補?〝中国愛〟を告白したドリア2019年8月13日 大統領選に立候補?〝中国愛〟を告白したドリア  10日(土)付エスタード紙は実に興味深い紙面になっていた。論説がのるA2面のトップ寄稿に、ジョアン・ドリア聖州知事が思いっきり〝中国愛〟をぶちまけていたからだ。  いわく《1万6千キロの距離、11時間の時差。サンパウロと北京の間にあるこの地理的障壁を越えて、今週、聖 […]
  • 父と子の絆を描くメッセージ2019年8月8日 父と子の絆を描くメッセージ  父の日(8月第2日曜日)が近づいている。ブラジルでは、6月の恋人の日と10月の子供の日の間を埋めるため、8月に決めたと聞いた事がある。理由はともあれ、父親への敬意や感謝を覚え、示す日は、大切にして欲しい。そういう意味で、この時期にSNSでよく流れる、息子が父親をレストランに連 […]
  • 日伯をつなぐ、知られざる名曲の数々(迷曲も)2019年8月6日 日伯をつなぐ、知られざる名曲の数々(迷曲も)  「鐘が鳴ります 耕地の鐘が ほのぼの明けた 空に鳴る」―ブラジル熟年クラブ連合会(上野美佐雄会長)の『第43回熟年クラブ芸能祭』が7月28日にサンパウロ市の静岡県人会館で開催され、数十年ぶりに合唱曲「幸せがいっぱい」(会田尚一作詩)が披露された。  それを聞いた、夫の仕 […]
  • ジャーナリズムは事実の奴隷でなければ2019年8月1日 ジャーナリズムは事実の奴隷でなければ  キャリア50年以上のジャーナリスト、アレッシャンドレ・ガルシア氏が、「ジャーナリズムは事実の奴隷でなければならない」と語り、我々の視点や倫理観というフィルターを避ける事は不可能だが、自分が信じる事実を曲げてはならないと説いた▼弊紙でも、題材の選び方や表現方法に記者の関心や問題 […]