ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ボウソナロ大統領=アラブ諸国大使たちとの晩餐会に出席=「ブラジルは開かれた国」と発言

《ブラジル》ボウソナロ大統領=アラブ諸国大使たちとの晩餐会に出席=「ブラジルは開かれた国」と発言

アラブ諸国の大使たちに「ブラジルは開かれた国」と語るボウソナロ大統領(Alan Santos/PR)

アラブ諸国の大使たちに「ブラジルは開かれた国」と語るボウソナロ大統領(Alan Santos/PR)

 ブラジル農務省とブラジル農牧連合(CNA)が10日に主催した、アラブ諸国36カ国(37カ国との報も)の大使との晩餐会に出席したボウソナ大統領は、「皆様の母国との間の交易関係を、親愛、尊敬を伴った関係に深めていきたい。ブラジルはどの国に対しても開かれています」と語ったと、11日付ブラジル各紙が報じた。
 アラブ諸国と激しく反目しているイスラエルにボウソナロ大統領が接近姿勢を見せた事で、ブラジルとアラブ諸国との関係は緊張感を増していた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ