ホーム | 日系社会ニュース | マナウスで若手日系人の集い=日系社会の連携強化を目的に

マナウスで若手日系人の集い=日系社会の連携強化を目的に

マナウス・カントリークラブで集った参加者ら

マナウス・カントリークラブで集った参加者ら

 在マナウス総領事館(関口ひとみ総領事)は、若手日系人の連携強化を目的とした「第一回日系友好会」を先月22~24日の間、アマゾナス州都マナウスで催した。聖市からはサンタクルス病院の石川レナト理事長や、若手日系人ら10人らが参加し、現地若手日系人と交流を深めた。
 ジョルナル・ニッパク紙によれば、昨年9月の第10回文協統合フォーラムで講演した関口総領事が、「多くの人がアマゾン移民史、この地域の日系人の活動に関心を抱いていると感じた」のがきっかけ。聖市以外の日系社会をどのように統合するのかを、聖市若手日系人数人と議論したことから着想を得たという。
 当日は、聖市とマナウス市の若手日系人が活動を紹介し、互いに理解を深めた。今年9月に予定されるアマゾン移民90周年祭典事業の進捗状況が紹介されたほか、日系人アイデンティティーに関するワークショップも実施された。
 地元のミキ・ノブオさんは「聖市の若手グループはその活動拠点で強い指導力があり、日系社会に於けるその役割と目的を心得ている」と賞賛。
 また、「日系社会の中で引継がれてきた価値観を維持し、社会全体に日本文化を広めてゆく意味において、我々の指導力に関する意識を喚起させた」と話し、「アマゾン90周年は、まさに地域全体にその価値観を伝えてゆく重要な祭典になる」と見通した。
 会合を終えた関口総領事は「この初会合は参加者を鼓舞し、今後も会合を重ね、北から南までの日系人を繋ぐ広範なネットワークを形成できるよう、統合を視野に継続してゆくことで合意した」と成果を語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ