ホーム | Free | 倫理法人会講演、20日=「即行即止」をテーマに

倫理法人会講演、20日=「即行即止」をテーマに

講演者の飯田隆氏

講演者の飯田隆氏

 サンパウロ倫理法人会(須郷清孝会長)主催の飯田隆氏による講演が、20日午前8時半より聖市リベルダーデ区のニッケイパラセホテル(Rua Galvão Bueno, 425, Liberdade)で開催される。参加費無料。ポ語逐次通訳あり。
 飯田隆氏は米カリフォルニア州倫理法人会の会長で、今回の講演テーマは「即行即止」。「即行」とは速やかに行動に移し、チャンスを逃さないようにすること、「即止」は問題に気が付いたら速やかに行動を止め考え直すことを意味する。
 須郷会長は「会員だけでなく一般の方にも役立つと思う。ぜひ来てほしい」と参加を呼びかけた。
 問い合わせは須郷会長(19・99635・8135)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 三山ひろし夕食会に100人参加=興奮のあまりキスする女性も2019年6月18日 三山ひろし夕食会に100人参加=興奮のあまりキスする女性も  大盛況だった「松前ひろ子・三山ひろしスペシャルコンサート」終了後、16日午後7時から聖市ニッケイ・パラセ・ホテルで夕食会が開催された。約100人が参加し、松前ひろ子、三山ひろし、中村仁美と交流を楽しんだ。  野村アウレリオ聖市議は三山ひろしに、日伯の交流に貢献したと […]
  • 立つ鳥あとを濁さず=移民の「終活」座談会=(1)2019年5月15日 立つ鳥あとを濁さず=移民の「終活」座談会=(1)  ニッケイ新聞編集部は、読者の「終活」(人生の終りに向けた活動)意識の高まりに応え、「移民の終活座談会」を行った。ブラジル日系熟年クラブ連合会会長・上野美佐男、同会第3副会長・中川浩己、介護士・長谷川美津子(JICAシニアボランティア)、本紙編集長・深沢正雪の4氏が参加 […]
  • 日本で一番、ブラジル日系社会の書籍出す無明舎2019年6月18日 日本で一番、ブラジル日系社会の書籍出す無明舎  「本にして残せば、その記録は永遠に生きていく、というのが私の信念です」――日本では数少なくなってきた地方出版、その雄ともいえる秋田県の(有)無明舎出版の安倍甲社長(あんばい・はじめ、69、秋田県秋田市在住)が着伯した14日に来社した際、そんな印象に残る言葉を残した。 […]
  • 「日本祭りへの提言」への県連としての見解=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田康夫2019年5月23日 「日本祭りへの提言」への県連としての見解=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田康夫  去る5月4日のニッケイ新聞6ページで「巨大商業化した日本祭りへの提言/来場者のための本当のカイゼン」と題した特別寄稿として、5つの点で率直なご指摘ありがとうございました。  しかしながら、一般への誤解を招かないためにも私の見解を県連(ブラジル日本都道府県人会連合会) […]
  • 聖市=ACALがコバス市長顕彰=リベルダーデ広場改名の功で=「団結して模範的地区に」2019年5月10日 聖市=ACALがコバス市長顕彰=リベルダーデ広場改名の功で=「団結して模範的地区に」  「ブラジル、そしてサンパウロ市は、日系社会の支援のおかげで今日の発展がある」――ブルーノ・コバス聖市長は4月24日、リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)主催の晩餐会に参加し、そう日系社会に敬意を表した。戦後“日本人街”として発展してきた聖市リベルダーデ区 […]