ホーム | 日系社会ニュース | JRパス=「21年以降も利用したい!」=世界の在外邦人が続々と反発=同じ家族なのに異なる運賃に

JRパス=「21年以降も利用したい!」=世界の在外邦人が続々と反発=同じ家族なのに異なる運賃に

在外邦人のみ使えなくなるJRパス(提供=flickr)

在外邦人のみ使えなくなるJRパス(提供=flickr)

 【既報関連】「ジャパン・レール・パス(以下、JRパス)の利用期限が来年12月に切れる」問題に疑問を呈した2月19日付け本紙記事に対し、世界中の在外邦人から多くの反響が寄せられた。ブラジルだけでなく、各国の在外邦人もJRグループの発表には大いに困惑している。「在外邦人だけ使えなくなるのは納得できない」等と反発の声が相次いでいる。

 「在外邦人だけ使用できない理由をはっきりしてほしい」と苦言を呈するのは、オーストラリア在住16年目で58歳のIさん。JRパスがないことで、「年配の方はもとより、外国人配偶者を持つ日本人は日本の両親に子供を会わせるのが大変になる」と危惧する。
 オーストラリアはワーキングホリデービザで多くの日本人が滞在し、国際結婚が多い。「子供や外国人のパートナーだけで日本に行くのも大変」とし、「誰の、何のためのJRパスなのか?」と疑問を呈する。
 アメリカ人と結婚したMさんは、米国在住23年目。JRパスの利用期限が延長になったため、友人のアメリカ人夫婦が初訪日した昨年、夫と共に日本を案内した。
 日本に行きたいアメリカ人は大勢いるため「案内役の私がJRパスを利用できなければ、彼らを案内できないので困る」と途方に暮れた。
 東南アジアに住むTさん一家は、一時帰国時にJRパスを利用している。会社からの帰国費用は東京までの航空チケット代のみ。実家へ行くのに往復5万円かかるが、これは飛行機代よりも高い。日本滞在費用もバカにならず、JRパスの利用は大いに助かっているという。
 「何十年経っても日本人の心があるから、国籍まで変えたくないんです」とアメリカ在住28年目のSさんは切実な思いを訴えている。楽しみはJRパスで回る旅行。宿泊費も食事代もかかるため、JRパスがなければ今までのように旅行はできない。「なぜ日本の人が、在外同胞である我々の楽しみを奪うのか」と悔しさを滲ませる。
 今までJRパスの使用許可に感謝しており、大阪万博でも利用するつもりだった。日系人や日本人のJRパス使用者数は微々たるものだとし、「JRには理由を説明してほしい」と今後の継続を願っている。


□関連コラム□大耳小耳

 JRパスに関する様々な反響が寄せられる中、「JRはこれだけ国際化している時代の逆をいっていないか」という意見も多数寄せられた。かつて「もう二度と祖国に戻ることはない」と決死の覚悟で移住した時代とは異なり、留学やワーキングホリデー、海外勤務、国際結婚と長年海外で活躍する日本人が増えている。また、外国による日本への信頼を上げるために、在外邦人も力になっている。それを国籍だけで利用許可を失くすのはいかがなものか。
     ◎
 2018年には3119万人の外国人観光客が日本を訪れ、日本政府は2020年までに4千万人を目標にしている。その人たちはJRパスを使えるのに、「同じ外国からいく邦人数万人だけが使えないのは理屈が通らない」との声も。経費削減を問題にするなら、圧倒的多数の外国人観光客全体の待遇を考えるべきで、それを邦人だけに押し付けるのは筋違いでは。日本国籍だからと、同じ場所に住んで一緒に日本へ行く家族(外国籍)と別の待遇になるのは、かなり違和感が…。
     ◎
 16年にも署名活動を行なっていた「ジャパン・レール・パスを考える在外邦人の会」が、今回もネット上で署名活動を行なっている。同会によれば、16年には5カ月で70カ国に住む在外邦人約8千人から署名を集め、JRグループに嘆願書を提出した。今回は購入資格の変更や販売継続も求めており、既に1800人以上集まっている。署名はサイト(http://chng.it/PDSk8mq2tz)から可能だ。また、引き続き読者の意見も募集中。本紙ぷらっさ欄宛に郵便、もしくはEメール(redacao@nikkeyshimbun.jp)で「JRバス問題」と件名に表記でも可。電話(11・3340・6060、有馬まで)でもOK。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • インジオの伝統文化を体験=白熱の格闘技「ウカウカ」も2019年5月18日 インジオの伝統文化を体験=白熱の格闘技「ウカウカ」も  トレンディ・ツーリズモ(関根いつ子社長)は「インディオツアー」を11日に実施した。駐在員やその家族ら24人が参加し、インジオの儀式を見学、体験して先住民文化に触れた。  普段はマット・グロッソ州のインジオ保護区「シングー国立公園」に暮らすインジオ部族「クイクロ族」が […]