ホーム | 日系社会ニュース | 遠征資金への協力を呼びかけ=マナウスの野球チームを日本へ=ベネズエラ難民の子3人も

遠征資金への協力を呼びかけ=マナウスの野球チームを日本へ=ベネズエラ難民の子3人も

マナウスカントリークラブの選手たち

マナウスカントリークラブの選手たち

 アマゾナス州のマナウスカントリークラブ内に近頃、「ブラジル・アマゾンから野球少年を日本へ誘致する会」が立ち上げられ、日本へ野球遠征資金を集めるために「クラウドファンディング」を募っている。これはインターネット経由で広く呼びかけ、共感した人から資金を集める方法だ。サイト(readyfor.jp/projects/amazonbeisebol)から支援が可能、期限は5月1日まで。
 アイデアの起案者は、JICAボランティアとして同クラブに派遣された野球指導者、宮田瑠星さん(24、鹿児島県)だ。自分が監督を務める同クラブの子供達のために、主に移動費として120万円の資金調達を目標としている。
 同クラブには6歳から15歳の選手が所属。日系人以外にもブラジル人、キューバ人、ベネズエラ人が在籍している。選手の中には、難民や貧困家庭の子供も。

ベネズエラ難民のフアン・ダビドさん

ベネズエラ難民のフアン・ダビドさん

 日本遠征を目指し、選手たちは保護者や日系団体を巻き込み、資金集めにお菓子の販売や売店・祭りの企画等を行なっているが資金は足りていない。宮田さんはその気持ちに動かされ、「彼らの夢を叶えたい」とクラウドファンディングを提案した。
 遠征の期間は今年7月20日から30日の10日間を予定。12歳から15歳の子供10人と保護者と共に、福岡県福岡市で活動する。同市では小中学生の交流試合や、プロ野球試合の観戦、大学での異文化交流等を計画している。
 資金が集まり、無事に日本遠征が決まれば、帰国後に選手主催の報告会を開く予定だ。
 宮田さんは「子供達が学んだ事を母国に持ち帰り、多くの方々に知ってもらいブラジルの発展に役立てば」とし、「野球・スポーツを通して日伯の懸け橋となる人材を育てたい。ぜひ協力してください」と呼びかけている。問合せは宮田さん(ryuseimiyata@gmail.com)まで。


□関連コラム□大耳小耳

 マナウスカントリークラブには、ベネズエラ難民が3人所属しているという。野球が国民的スポーツの彼らにとって、野球は人生そのもの。難民となって一度は諦めた野球だが、日系人の支援により再びプレーできるようになった。そんなベネズエラ人の一人、フアン・ダビドさん(16)の父親に癌が見つかったことが今回の企画の発端だった。ダビドさんの父親は同クラブの監督も務めており、「お父さんに大好きな野球を見せたい」という想いが、仲間やその保護者、そして宮田さんを動かしている。子供たちの夢を叶えるために、ぜひ支援に協力をお願いしたいところ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 森で光る菌を先住民と見よう=アマゾン研究所の石川さんが絵本=4言語「ひかるもり」刊行2020年3月28日 森で光る菌を先住民と見よう=アマゾン研究所の石川さんが絵本=4言語「ひかるもり」刊行  日英ポルトガル語の3カ国語と先住民のニェエンガトゥ語による絵本『ひかるもり』(全64頁)が、昨年11月に刊行された。出版記念のイベントで2月25日~3月7日まで訪日していた、アマゾナス州都マナウスの国立アマゾン研究所(INPA)で研究員として勤める石川カズエ・ノエミア […]
  • 「即位の礼」=世界の日系人代表して33人=ブラジルからも7人が皇居へ2019年11月2日 「即位の礼」=世界の日系人代表して33人=ブラジルからも7人が皇居へ  10月22日に、新天皇陛下のご即位を国内外に宣言する「即位礼正殿(せいでん)の儀」が東京の皇居・宮殿で行われ、世界194カ国の要人約2000人が日本政府から招待された。その中にはブラジルのジャイール・ボウソナロ大統領も含まれていた。  また、日本国外務省から汎米(ブ […]
  • JICA=東京五輪応援の動画を制作=日本語学校生徒が元気に踊る2020年1月9日 JICA=東京五輪応援の動画を制作=日本語学校生徒が元気に踊る  ブラジル日系社会で活動中のJICA青年ボランティアが、派遣先の日系団体に協力を仰ぎ、今年日本で開催される東京オリンピック・パラリンピック競技大会の応援動画を制作した。現在、動画共有サイトYouTubeで動画を公開している。  動画の内容は、日本語学校の生徒らが「 […]
  • 中平マリコさん送別会=「日本に日系社会を伝える」2019年10月18日 中平マリコさん送別会=「日本に日系社会を伝える」  日伯福祉援護協会、救済会、こどものその、希望の家福祉協会の日系福祉4団体は4日夜、歌手の中平マリコさんの送別会をサンパウロ市のサンパウロ日伯援護協会本部ビルで行った。中平さんは6日に帰国した。  4団体の関係者や、中平さんと活動を共にしたブラジル健康表現体操協会会員 […]
  • 日系社会からご即位奉祝!=全伯から800人、安永家だけで20人=「陛下は親と同じ、大切な存在」2019年10月24日 日系社会からご即位奉祝!=全伯から800人、安永家だけで20人=「陛下は親と同じ、大切な存在」  新天皇陛下のご即位を国内外に宣言する「即位礼正殿(せいでん)の儀」が日本時間の22日午後1時、皇居・宮殿で行われた。それを受けて日系主要5団体が22日夜に「『即位礼正殿の儀』奉祝晩餐会」(福原カルロス実行委員長)をサンパウロ市シルクロ・ミリタルで開催した。参加費250 […]