ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》最高裁検閲問題はモラエス判事が折れて撤回=トフォリ長官巡る問題記事=最高裁内でも強かった批判=ルーラへの取材も解禁か

《ブラジル》最高裁検閲問題はモラエス判事が折れて撤回=トフォリ長官巡る問題記事=最高裁内でも強かった批判=ルーラへの取材も解禁か

最高裁のトフォリ長官(Tania Rego/Agencia Brasil)

最高裁のトフォリ長官(Tania Rego/Agencia Brasil)

 【既報関連】最高裁のアレッシャンドレ・デ・モラエス判事は18日、15日に出した、サイト「オ・アンタゴニスタ」と同系列の雑誌「クルゾエー」が11日の夜掲載した、ジアス・トフォリ最高裁長官に関するラヴァ・ジャット作戦絡みの記事の掲載中止を解除した。国内外のマスコミ界や最高裁内部からも起きた批判に応えた形となった。19日付現地紙が報じている。

 17、18日付本面でも報じたが、ラヴァ・ジャット作戦の重要被告で建設大手オデブレヒト社の元社長マルセロ・オデブレヒト氏が、2007年に同社関係者宛てに送ったメールに記した「父の友達の友達」というコードネームは、当時、ルーラ政権で総弁護庁長官をつとめていたトフォリ氏のことを指していたと、「アンタゴニスタ」「クルゾエー」が11日夜報じた。問題のメールには、「父の友達の友達とはもう話をつけたか」と贈収賄工作を疑わせるような表現も行われていた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ