ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》インフルエンザの予防接種キャンペーン第2弾=今度は高齢者や教師ら対象に

《ブラジル》インフルエンザの予防接種キャンペーン第2弾=今度は高齢者や教師ら対象に

高齢者や教師らも予防接種の対象に(Erasmo Salomao/Ministério da Saúde)

高齢者や教師らも予防接種の対象に(Erasmo Salomao/Ministério da Saúde)

 【既報関連】インフルエンザの予防接種キャンペーン第1弾(子供や妊婦、出産後45日以内の女性)が終わり、22日からは高齢者や教師らを対象とする第2弾開始と22日付現地紙サイトが報じた。
 キャンペーン第2弾の対象は、医療機関で働いている人、先住民、60歳以上の人、教師、慢性疾患の患者や免疫低下などで感染すると重篤化するリスクが高い人、刑務所職員、軍警、市警、消防士、軍兵士、リスクが高い社会経済層に属す12~21歳の青少年だ。 予防接種キャンペーンは5月31日まで。保健省は第1、第2弾を合わせ、全国の保健所(USB)や公立病院など、4万1800カ所に6470万人分の予防接種ワクチンを配布する意向だ。UBSや公立病院での予防接種は無料だ。
 なお、第1弾の対象者だった子供(生後半年以上、6歳未満)や妊婦らは、22日以降も接種を受ける事が出来る。
 また、5月4日(土)は、何らかのリスクを抱えるグループ全員を対象とするXデー(ポルトガル語ではジア・D)だ。
 4月13日現在で確認されたインフルエンザ患者は369人で、死者も67人出ている。全ての患者の内192人(死者の中では47人)はH1N1型のインフルエンザに感染していた。
 今年のブラジルでの予防接種ワクチンは、H1N1と、昨年、米国で流行したH3N2、インフルエンザB型の3種に対応する。患者や死者が多く、キャンペーンも前倒しされたアマゾナス州では、患者130人、死者34人と報告されている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジリア=W杯スタジアム改修で汚職疑惑=水増し請求で工費が倍以上に2017年5月24日 ブラジリア=W杯スタジアム改修で汚職疑惑=水増し請求で工費が倍以上に  連邦警察は23日、ブラジリアのW杯スタジアム改修における経費水増し請求疑惑で、連邦直轄区元知事らを対象とするパナテナイコ作戦を決行したと同日付現地紙・サイトが報じた。  同作戦では逮捕令状10件、家宅捜索・押収令状15件、強制出頭令状3件が出され、ジョゼ・アルーダ元 […]
  • 《リオデジャネイロ市》隣り合わせの建物2軒が倒壊=不法建築で大雨に耐えられず2019年4月13日 《リオデジャネイロ市》隣り合わせの建物2軒が倒壊=不法建築で大雨に耐えられず  【既報関連】8日夜の豪雨で死傷者も出たリオ市西部で12日、4~6階建ての建物が倒壊し、死傷者が出る事故が発生したと12日付現地紙サイトが報じた。  事故が起きたのは、ミリシアと呼ばれる犯罪者の民兵組織が支配する、ムゼマ地区だ。同地区はバーラ・ダ・チジュッカとアウト・ […]
  • 《ブラジル》「週に3、4本の殺人予告」=反ボウソナロ派の論客に=ラップ歌手のマルセロD22019年2月6日 《ブラジル》「週に3、4本の殺人予告」=反ボウソナロ派の論客に=ラップ歌手のマルセロD2  90年代にロックとヒップホップを融合する音楽性で名声を得て、いまだに根強い人気を誇るマルセロD2(デー・ドイス)が現在、反ボウソナロ大統領派の国民の間でオピニオン・リーダーとなりつつある。  D2の反ボウロナロ発言が注目を浴び始めたのは、昨年の大統領選のときだ。D2 […]
  • ベネズエラ=死者40人に逮捕者850人=不安定な国情示す報告出る2019年1月30日 ベネズエラ=死者40人に逮捕者850人=不安定な国情示す報告出る  【既報関連】23日にフアン・グアイド国民議会議長が暫定大統領宣言を行った後、ニコラス・マドゥーロ氏が「クーデターだ」と批判し、軍との一体化を誇示する行動などを見せている。抗議行動頻発などで不安定な国情を反映し、21日以降の死者は40人以上との国連の報告書も出たと24~ […]
  • 軍政令第5条(AI5)から50年=軍事政権2018年12月13日 軍政令第5条(AI5)から50年=軍事政権  1968年12月13日、「ブラジルの軍事政権史上、最悪の悪法」と呼ばれた「軍政令第5条(AI5)」が通過。ブラジルは20世紀最大級の激動を生きることとなった。  事の発端は、同年3月28日にリオの大学生エジソン・ルイス・デ・リマ・ソウトさんがリオの軍隊に殺害されて大 […]