ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》エース検事に懲戒手続き=最高裁判事批判を咎められ

《ブラジル》エース検事に懲戒手続き=最高裁判事批判を咎められ

デルタン・ダラグノル検事(José Cruz/Ag. Brasil)

デルタン・ダラグノル検事(José Cruz/Ag. Brasil)

 ブラジル連邦検察庁の内部組織、国家検察審議会(CNMP)は23日、ラヴァ・ジャット(LJ)作戦担当の特捜班主任検事、デルタン・ダラグノル氏に対する懲戒手続き(PAD)の開始を決めたと、24日付現地各紙が報じた。
 「PAD開始は、同検事が最高裁の権威をおとしめる発言をしたため」と、CNMPは説明している。同判事には警告、けん責、謹慎いずれかの処分が下される可能性があるが、警告処分の可能性が有力だ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ